ラジサマリー

芸能人のラジオ・テレビ番組での発言まとめサイト

『岡村隆史のANN』『おぎやはぎのメガネびいき』生電話で繋いだ放送の翌週も冷めやらぬ岡村隆史・おぎやはぎの興奮

   

岡村隆史

岡村隆史:先週はちょっとね、ノリでまぁ、パパラッチされたこともございましてですね。ちょっとしたノリで、裏のTBSラジオさんの方に電話してしまうということがありまして。

…よかったなぁっていう。ホンマに何も、大丈夫やったんですか?よかったですね、何も…まぁ上の方にバレてないだけかも分かりませんけども(笑)まぁ、記事にはなってしまいましたけどもね(笑)

そんなこともまぁ、なかなか生放送でできることも少ないですから。1回できたら、まぁどっちかがパパられるたびに(笑)生放送ですから、何かしらパパられたら電話つなぐ、みたいな。そんなことがね、可能になるかもしれない。

そればっかりやってると、いつかね、もうどえらい雷落ちるぞっていうことになるかもわかりませんけども。

まぁ、リスナーの皆さんがね、喜んで頂けたらそれが一番かなというふうに思っていますけれども。

岡村隆史、裏番組『おぎやはぎのメガネびいき』へ電話を繋ぐという異例の事態に「何らかの処分」を覚悟するも「お咎めなし」

おぎやはぎ

矢作兼:先週はね、まぁなかなか歴史的なさ、ラジオ放送になって。

小木博明:うん。

矢作兼:裏の岡村さんとさ、電話で繋ぐなんていうのがあって。アレはアレで、こっちはやってる方だからさ。ただただ楽しいだけじゃない。「ワーッ」なんつって、言ってるだけだけど。

小木博明:うん。

矢作兼:終わった後に、結局、ああいうのは大人の事情で色々あるだろうから。

小木博明:そうなんだよね。

矢作兼:「怒られなかったの?」って聞いたら、ヒゲちゃん(宮嵜プロデューサー)何も怒られてないらしいよ(笑)

小木博明:ねぇ、凄いことなんでしょ?コレだってさ。

矢作兼:いや、だって…

小木博明:歴史上、あんまないんでしょ?これって、ラジオで。

矢作兼:ラジオもないし、普通、テレビとかそういうの無理だよ。

小木博明:絶対、無理だよね。

おぎやはぎ矢作、裏番組『岡村隆史のANN』と生電話を繋ぐ異例の事態は「テレビでは絶対無理」

矢作兼:ウチのリスナーのフットワークの軽さもあんだけどね。

小木博明:そうでしょ。あれ、元はと言えば、だよね。

矢作兼:みんなの手柄だからな。

小木博明:クソメン野郎がやったんでしょ?向こうに。

矢作兼:こっちがさ、岡村さんのところに「メール送れ」と。「おぎやはぎが真相を知りたいから、岡村さん電話してくれないか?」って、メールで送りなって言ったら、速攻、送ったんでしょ。それが何人もきっと。

小木博明:ねぇ。

矢作兼:1通じゃ多分、向こうの目にはとまらないから、何通かいって、向こうの目にとまって。

小木博明:うん。

矢作兼:向こうにいるんでしょ、多分、工務店さんみたいな人が。

小木博明:うん、そうだね。

矢作兼:で、パッてメールに目を通して。面白そうだから、それを岡村さんに渡した。全てが上手くいったんだね。

小木博明:上手くいったんだね。本当に、素晴らしいリスナーですよね。

おぎやはぎ矢作、裏番組『岡村隆史のANN』と生電話を繋ぐことが実現したのは「ウチのリスナーのフットワークの軽さ」のお陰だと語る

小木博明:よかった。本当にいいねぇ、ラジオって。

矢作兼:そうだ。

小木博明:テレビじゃヤバイよ、本当に。

矢作兼:これ、もうアレじゃない?テレビとかでもやれないことが増えてきちゃったじゃん、最近。

小木博明:うん。

矢作兼:そういうディレクターの人たち、羨ましいんじゃない?今。

小木博明:まぁ、こういうの聞いてるとね。

矢作兼:「俺、ラジオ行こうかな」って人も多いんじゃない?

小木博明:そういう才能のある方もどんどん来る可能性あるね。

おぎやはぎ矢作、裏番組『岡村隆史のANN』と生電話を繋いだことが反響を呼ぶも「流行るほど、できなくなることもある」と危惧

 - おぎやはぎのメガネびいき, 岡村隆史のオールナイトニッポン