博多大吉、「お笑い第7世代」霜降り明星・せいやを前に改めて華丸・大吉は「第何世代なのか?」と考えてみる

2019年11月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、「お笑い第7世代」霜降り明星・せいやを前に改めて華丸・大吉は「第何世代なのか?」と考えてみたと語っていた。

博多大吉:霜降り明星たち、彼らが第7世代なら、華丸・大吉は第何世代なのか。

赤江珠緒:そもそも、何なんですか?先生たちは。

博多大吉:あのね、第3世代がダウンタウンさんたちでしょ。

赤江珠緒:第3がダウンタウンさんたち?

博多大吉:ダウンタウンさん、ウンナンさん、とんねるずさんが第3世代なはず。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

博多大吉:で、第2世代がツービートさんとか。

赤江珠緒:あ、ツービートさんが?

博多大吉:そう、THE MANZAIの人たち。紳竜さんとか。阪神・巨人さん。

赤江珠緒:やすきよさんとかが、第1世代?

博多大吉:やすきよさんとかが、1になるのかな。

赤江珠緒:ああ。萩本欽一さんとか。

博多大吉:コント55号さんとか。

赤江珠緒:ああ、なるほど。で、今、7?

博多大吉:7らしいのよね、霜降り曰くね。で、「待てよ」と。年齢で言うと、俺ら4のはずなのよ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:ダウンタウンさんと10個も離れてないから。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:でも、「第4世代って誰?」って思って、お笑いの歴史で言うと、ダウンタウンさん、ウンナンさんの後に売れたのって、多分、ナイナイだと思うんですよ。

赤江珠緒:おお。

博多大吉:テレビ的に。だから、めちゃイケ世代。

赤江珠緒:ああ、そうですね。

博多大吉:めちゃイケのメンバーが、僕、第4な気がすんのね。

赤江珠緒:なるほど。

博多大吉:僕ら、めちゃイケには入り込めなかったから、年齢は一緒だけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:その後、なんだって言うと、第5世代として、NHKの爆笑オンエアバトルっていう。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:ネタ番組。あそこから、M-1グランプリとか、エンタの神様とか続いていく。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:このめちゃイケの後に始まった番組で、出てきた人たちが第5世代だと思うのね。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:で、第6世代がレッドカーペットとか。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:レッドシアターとか…こうやって考えても、結局、辻褄が合わんから、「じゃあ、M-1グランプリ、いつから始まってます?」とか、「アメトーークはどうするんですか?」とか言われるから。ごちゃごちゃになるから、結局、「いい、お前たちは第7で」みたいな感じなの。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:現状はね。「勝手に言ってろ」って(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:「いいよ、俺たちは第4でも5でも、どうせ最新じゃないから。スマホと一緒で、誰も手にとってもらえないんだから、僕たちみたいなもんは」って(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)そうですね(笑)

バナナマン×オークラ、「お笑い第○世代」の誕生と区分の定義「第3世代から誕生したお笑い世代」

ケンドーコバヤシ、「お笑い第7世代」に嫉妬するがあまり霜降り明星・せいやを敵視するアインシュタイン稲田に呆れる「せいや、そこまで考えてない(笑)」

佐久間宣行P、かが屋やハナコなど「お笑い第7世代」のコント芸人たちは「研究熱心で、お笑いマニアが多い」と語る



たまむすび

本日の人気記事