佐久間宣行P、かが屋やハナコなど「お笑い第7世代」のコント芸人たちは「研究熱心で、お笑いマニアが多い」と語る

2019年10月28日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がゲスト出演し、かが屋やハナコなど「お笑い第7世代」のコント芸人たちは「研究熱心で、お笑いマニアが多い」と語っていた。

佐久間宣行:空気階段とか、かが屋っていう。

高田文夫:かが屋、アイツらもいっぱい作るんだよ、ネタ。

佐久間宣行:うん。月に100個設定出すらしいんですよ。

松本明子:ええ?!

佐久間宣行:で、100個出せなかった時に、悔しくて泣くらしいんですよ(笑)

松本明子:ええ?!

高田文夫:泣くの?真面目なんだよなぁ。

佐久間宣行:その次の時に100何個作って、平均100個作っるっていう。

松本明子:ふふ(笑)凄いねぇ。

高田文夫:作る子が真面目だよな、ストイック過ぎるよね

佐久間宣行:真面目ですよね。

高田文夫:相当な。

佐久間宣行:みんな真面目で、かが屋、ハナコ、ゾフィー、ザ・マミィとかっていう。

高田文夫:うん。

佐久間宣行:この子たちはもう本当、昔の芸人と違って。

高田文夫:うん。

佐久間宣行:昔の芸人さんは「モテたい」とか、多少そういった気持ちがあって芸人やってたじゃないですか。それでいいと思うんですけど。

高田文夫:漫才ブームの時はそうだね。みんなそう、B&Bを筆頭に、もうみんなモテたいからね。ワーッて。

佐久間宣行:今のこの第7世代、特にコント芸人は、YouTuberとか、色々…別に、芸人の方が稼げるわけじゃないじゃないですか。

高田文夫:うん。

佐久間宣行:なんだけど、その中から芸人を選んでるから、お笑いマニアが多いんですよ。

松本明子:ああ。

佐久間宣行:だから、研究熱心なんですね、みんな。

松本明子:へぇ、真面目なんだ。研究してね。

佐久間宣行:バナナマンのコント、異常な数で見てたりとか、そういう人たちの。だから、ネタが凄い凝ってるんですよね。

松本明子:へぇ。

佐久間宣行:それが面白いなぁと思いますね。

高田文夫:本当凄いよね、今の子たちのコントは。

松本明子:そうですねぇ。

佐久間宣行:高田先生の好きな芸人っているんですか?若手で。

高田文夫:かが屋は、コント面白いなぁと思うよ。

佐久間宣行:あっ、本当ですか。アイツら泣いちゃうんじゃないかな。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:いや、ここ来てもらって、一回喋ったけど。

佐久間宣行:あ、本当ですか。

佐久間宣行:面白かったねぇ。

伊集院光、キングオブコント2019の視聴者が「お笑いファン同士」なのにかが屋のコントを巡ってSNS上で「全員で罵り合っている」ことに疑問

佐久間宣行、バナナマンライブで急遽空いた2席にオークラが「かが屋」を招待して言った一言を明かす「俺はコントのDNAを繋いだ」

おぎやはぎ矢作、ジャルジャルやかが屋など良質なネタを大量に生み出す「ネタおたく」たちの台頭は「東京03」以降目立つと指摘



ビバリー昼ズ

本日の人気記事