鬼越トマホーク坂井、松本人志が『遺書』で明かしていた父親との確執に共感を覚え「この人に会ってみたい」という思いで芸人になったと告白

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年3月18日配信開始となったYouTubeチャンネル『街録ch』の動画にて、お笑いコンビ・鬼越トマホークの坂井良多が、松本人志が『遺書』で明かしていた父親との確執に共感を覚え「この人に会ってみたい」という思いで芸人になったと告白していた。

坂井良多:20~21歳の時に、毎日やることないんで、ブックオフとか行ってたんですよ、古本屋とか。

三谷三四郎:ああ。

坂井良多:そしたらたまたま、松本さんの『遺書』を見つけて。

三谷三四郎:はい。

坂井良多:で、買って読んだら、松本さんも結構、親父さんと仲悪かった時期というか。

三谷三四郎:うん。

坂井良多:親父さんを認めさせよう、みたいなことが書いてあって。

三谷三四郎:うん。

坂井良多:親父との対立というか、軋轢というか。

三谷三四郎:うん。

坂井良多:そういうのプラス、色々考えているのを見て、「あ、この人に会いたいな」みたいな。

三谷三四郎:へぇ。

坂井良多:って思って。でも、それから2年ぐらい後に入るんですけど。

三谷三四郎:はい。

坂井良多:でも、自分じゃできないよな、みたいな。

三谷三四郎:うん。

坂井良多:で、23ぐらいになった時に、「ラストチャンスぐらいじゃないか」って、NSCに電話しちゃって。

鬼越トマホーク坂井、ビートたけし・松本人志・有吉弘行の前では「芸人人生を懸けて」喧嘩芸をやりたいと語る
2021年1月1日放送のニッポン放送系のラジオ番組『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0』にて、お笑いコンビ・鬼越トマホークの坂井良多が、ビートたけし・松本人志・有吉弘行の前では「芸人人生を懸けて」喧嘩芸をやりたいと語っていた。 ...
鬼越トマホーク坂井、さまぁ~ず三村は松本人志という後ろ盾をアピールして「虎の威を借りてる感じがある」と発言「全然、事務所違うのに」
2020年7月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0』にて、お笑いコンビ・鬼越トマホークの坂井良多が、さまぁ~ず・三村マサカズはダウンタウン松本人志という後ろ盾をアピールして、「虎の威を借りてる感じが...
タイトルとURLをコピーしました