『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、今までで一番怒られた企画は「あんこうをボールの代わりにラグビー」だったと告白

2019年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、TBS系の番組『水曜日のダウンタウン』などで知られる藤井健太郎プロデューサーがゲスト出演し、今までで一番怒られた企画は、「あんこうをボールの代わりにラグビー」だったと告白していた。

伊集院光:一番怒られた企画、なんですか?

藤井健太郎:一番怒られたやつ…わりと初期なんですけど、『キリウリ』って番組をやって。

伊集院光:はい。

藤井健太郎:企画のオークションみたいなことで、「毎朝、こんなことで目覚ましを一週間続けられたら10万円」みたいなお題が出ます、で、それに対して、企画を吊り上げていく。

伊集院光:はい。

藤井健太郎:要するに、こんなんで面白いことを言ったやつの企画が採用されるってことなんですけど。

伊集院光:うん。

藤井健太郎:「じゃあ、俺はこれでいきます」「できます」っていうのをどんどん挙げてって。目覚ましで言うと、最終的に春日さんが「土砂で目覚まし」ってやつを(笑)

伊集院光:はい(笑)

藤井健太郎:毎朝、土砂をかけられて起きるっていうのをやったんですけど。

伊集院光:はい。

藤井健太郎:みたいな企画で、「ラグビーでトライできたら10万円」のやつで、落札があんこうになり。

伊集院光:あんこう?

藤井健太郎:生き物のあんこうです。ボールの代わりにあんこうでラグビーをするって企画になり(笑)

伊集院光:より難しくて面白いのを提示した奴が落札できるんだけど(笑)

藤井健太郎:はい(笑)

伊集院光:どこをどう…(笑)ボールが小さいとか、ヌルヌルとかやってくうちに、最終的にあんこうになり(笑)

藤井健太郎:なったんですよ(笑)で、あんこうで実際、ラグビーのロケをやり。タックルくらって、あんこうが飛んでったりするわけですよね。

伊集院光:はい。

藤井健太郎:それがやっぱり、怒られましたかね。

伊集院光:それはなに、「あんこうが可哀想」なの?「あんこうを無駄にするな」なの?(笑)

藤井健太郎:サイズがデカイじゃないですか、あんこう。あのサイズだと、「動物の死骸で遊んでいるように見える」っていう。

伊集院光:ああ。

藤井健太郎:小ぶりな魚だったら、もしかしたら(笑)

伊集院光:はっはっはっ(笑)

藤井健太郎:印象論はあると思いますね(笑)

『アメトーーク』加地倫三プロデューサー、『水曜日のダウンタウン』の「新元号当て」企画を絶賛「面白すぎて、仕事したくなくなった」

山里亮太、『水曜日のダウンタウン』総合演出・藤井健太郎プロデュースでクロちゃんとプロレスをすることに「クロちゃん使いの天才が…」

『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、複雑な「逆逆逆ドッキリ」などを企画化する時は「全部、感情をホワイトボードに書き出していく」

『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、つまらなかった企画は「つまらないと言う覚悟」が必要だと思う理由



伊集院光とらじおと

本日の人気記事