『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、クロちゃんを「怖いもの見たさ」で求めている視聴者に「お化け屋敷だからね、あれは」

2019年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、TBS系の番組『水曜日のダウンタウン』などで知られる藤井健太郎プロデューサーがゲスト出演し、クロちゃんを「怖いもの見たさ」で求めている視聴者に、「お化け屋敷だからね、あれは」と語っていた。

伊集院光:怪人・奇人であるところのクロちゃんが。

新井麻希:はい(笑)

伊集院光:またあの番組でブレイクしましたけど、とんでもない男ですよね。

藤井健太郎:うん、そうですね。

伊集院光:ふふ(笑)

藤井健太郎:変な人ですけど。

伊集院光:うん。

藤井健太郎:でもまぁ、実はそんなに異常ではない、と思っていて、一方で。

伊集院光:はい、はい。難しいところなんですよね。

新井麻希:うん。

伊集院光:なんでしょうね、その「愛すべき」のところにハマる人と、そこからはみ出ちゃうと、もうテレビって出れないじゃないですか。

藤井健太郎:大きくは、「愛すべき」に入ってると僕は思ってるんですけど。

伊集院光:大枠ではそう思うんですよ。クロちゃん、本当に人として間違ってることはいっぱいあるんだけど、大きな枠と、色んな企画の中では、ギリギリはみ出ない。

藤井健太郎:うん。

伊集院光:もしくは、はみ出てもすぐ戻る、みたいなところがなんかいいんですよね、愛すべき。

藤井健太郎:はい。

新井麻希:怖いもの見たさみたいな感じで(笑)

藤井健太郎:そう、お化け屋敷だからね、あれは(笑)

伊集院光:友達にはなりたくないっていうね(笑)

『アメトーーク』加地倫三プロデューサー、『水曜日のダウンタウン』の「新元号当て」企画を絶賛「面白すぎて、仕事したくなくなった」

山里亮太、『水曜日のダウンタウン』総合演出・藤井健太郎プロデュースでクロちゃんとプロレスをすることに「クロちゃん使いの天才が…」

『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、つまらなかった企画は「つまらないと言う覚悟」が必要だと思う理由



伊集院光とらじおと

本日の人気記事