『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、複雑な「逆逆逆ドッキリ」などを企画化する時は「全部、感情をホワイトボードに書き出していく」

2019年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、TBS系の番組『水曜日のダウンタウン』などで知られる藤井健太郎プロデューサーがゲスト出演し、複雑な「逆逆逆ドッキリ」などを企画化する時は「全部、感情をホワイトボードに書き出していく」と明かしていた。

伊集院光:ご自分の中で、一番気に入ってる、『水曜日のダウンタウン』縛りで言うと、好きな企画はなんですか?

藤井健太郎:なんだろうな…そんなに考えたことなくて、色々ありますけど、逆逆逆ドッキリみたいなやつとかはわりと好きでしたかね。

伊集院光:凄い。あれなんかね、僕に言わせると哲学的っていうか。

藤井健太郎:はい。

伊集院光:要は、ドッキリカメラって、仕掛け人と仕掛けられる人だけど、ごく稀に、仕掛け人だと思ってる人が仕掛けられてるっていう…これ、逆ドッキリですね。

藤井健太郎:逆ドッキリですね。

伊集院光:何を例にすればわかりやすい?

藤井健太郎:ふふ(笑)でも、逆・逆の時点で、もう一回元に戻ってるんで。

伊集院光:訳がわからない。

藤井健太郎:一回、元に戻ってるんで、凄いややこしくて。

伊集院光:新井麻希を騙すために、落とし穴を掘ってます。で、僕は仕掛け人だから、新井麻希をその落とし穴に誘導するように、「この道を通ってください」って言われます。

新井麻希:うん。

伊集院光:だけど、その道の方に落とし穴があることを、新井麻希は知ってます。

新井麻希:うん。

伊集院光:だから、伊集院さんに騙されてるふりをして、伊集院さんを落とす。これがまず逆ドッキリですよね。

藤井健太郎:はい。

伊集院光:で、そうすると、そういうふう新井麻希は知ってるけども、実は元通りのところに落とし穴はあるんで、「伊集院さん、大丈夫です」って言われてるのが、逆・逆ですよね。

藤井健太郎:はい。

伊集院光:さらにもう一個ひねると、意味がわからない。

新井麻希:ふふ(笑)

藤井健太郎:その時に、「この時、どういう気持ちなんだ?」っていうことを全部、ホワイトボードに書き出していって。

伊集院光:分かる!それは凄い分かります。

藤井健太郎:「この時に、この人はどういう気持ちなんだ?」っていうのを全部書いていって、最初の方って、お互い全部知ってるじゃないですか。最後、ケツ一個前まではお互いに全部知ってる状態だから、そこまでは「どういう気持ちのまま進むんだろう?」っていうのを、全部一回考えたんですけど。

伊集院光:うん。

藤井健太郎:凄いややこしいことになったんで、まぁ、実際…打ち合わせの絵を入れたんですね。そこ、ナレーションとかで説明つかなかったんで。

伊集院光:なるほど。

藤井健太郎:打ち合わせの絵を入れて、「次、こうなります」って言ったら、「ああ、なるほど」って。「次、こうなります」っていうのを、事前の絵で、本人の気持ちをそこで一回確かめていかないと、整理がつかなかったり、っていうことがあったり。

山里亮太、クロちゃんが『水曜日のダウンタウン』でプロデュースするアイドルの候補者の手を握ったことに「枕営業ぐらいの空気出して(笑)」

ナイツ土屋、『水曜日のダウンタウン』スタッフに「おぼん・こぼん企画のオファーするなら今」と発言「おぼん師匠の機嫌は最高潮」



伊集院光とらじおと

本日の人気記事