伊集院光、加藤浩次が『スッキリ』で吉本興業・岡本社長ら経営陣を糾弾するのを称賛する一方で「0対100での話ではないと思う」と指摘

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、加藤浩次が『スッキリ』で吉本興業・岡本社長ら経営陣を糾弾するのを称賛する一方で、「0対100での話ではないと思う」と指摘していた。

伊集院光:吉本の芸人さんたちが、一生懸命、色んなことを喋ってます。で、中でも加藤浩次さんが、自分の司会の番組で言ったことやテンションっていうのはね、本当に勇気が要ること。彼の立場から言ったら、本当に勇気が要ること。

竹内香苗:うん。

伊集院光:で、自分が言ってた、「反社会的集団は元々、吉本興業のイベントのスポンサーだったんじゃないか」って部分や、「テレビ局が株主だから大丈夫。吉本ホールディングスの株主はテレビ局なんだから大丈夫だ」って言った言葉の意味は何なんだってことから加藤君が触れたのは凄いことだし。

竹内香苗:うん。

伊集院光:その上で、自分がずっと吉本に所属してきた思いや、「辞めてやる」って言葉。打ち震えながら言うのは、凄いことなんだけど。

竹内香苗:はい。

伊集院光:ちょっと冷静になってっていう。「0対100なんですか?」っていう。今までは、宮迫君が悪かったけど、今度は吉本が悪かったっていう「0対100」では、僕はないと思うんです。

竹内香苗:うん。

伊集院光:みんな同業者だったら、もしくは宮迫君に触れる時間が長ければ長いほど、宮迫君寄りにはなるんですけど。

竹内香苗:うん。

伊集院光:そもそも、ちょっと考えて欲しいのは、会社に損害を出しました。それに対して「お前、どうなってんだ?」って言ったら、「これこれこうです」って言ったことが嘘だった。「お金をもらってません」ってことが嘘だった。

竹内香苗:はい。

伊集院光:会社は即動きました。この全体の隠蔽体質みたいなのがいいかどうかっていうのは別。会社は即動きました。で、後になってから嘘でした。「嘘だったことを会見させてください」「ちょっと待ってくれ」と。「ここ、そっちのペースではできないよ」って。

竹内香苗:うん。

伊集院光:「お前、嘘ついちゃってるし」って。もっと言えば、「お金もらってません」って急いで動いて、で、嘘だって後で分かるっていうバタバタの間に、ライバル会社の渡辺プロは落ち着いて、冷静な対応をして評価を上げているっていうところで、会社が「やっぱり記者会見させてください」「静観してくれ」って話は、ある話だと思う。

竹内香苗:うん。

伊集院光:「お前のペースではもうできないんだよ」っていうのは、なくはないと思うんですよ。

竹内香苗:はい。

伊集院光:だから、世の中にはわりとあり得るケースの一個。でも、もう一回言っておくね、全体的な隠蔽や、全体的な嘘の話はまた別の話。って考えると、宮迫君も悪いままだよ、この件に関して。ただ、それも複雑にはなるけども。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事