伊集院光、M-1グランプリの「競技漫才コンテスト化」や「優勝者が出るたびに論争になる」ことにうんざり「もうM-1、よくない?」

2021年1月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、M-1グランプリの「競技漫才コンテスト化」や「優勝者が出るたびに論争になる」ことにうんざりして、「もうM-1、よくない?」と思ってしまうと語っていた。

伊集院光:吉本のゲスト来ると、吉本のマネージャーとか来て、吉本の人が聞くからイヤなんだけど。

屋敷裕政:ふふ(笑)いや、大丈夫です、今日誰も来てないです。

伊集院光:もうさ、みんなM-1でウケるなら、「こういうネタがいい」とか言いだしちゃったら、違くない?

屋敷裕政:はっはっはっ(笑)嬉しい!

嶋佐和也:そうなんですよね。

屋敷裕政:伊集院さん、まさに俺らもその境地と言うか。

伊集院光:そうじゃない?

屋敷裕政:はい。

伊集院光:で、さらにM-1終わると、なんかみんな必ず文句言って、で、みんな必ず「あれは漫才/漫才じゃない」とかってなってっちゃうと…

屋敷裕政:ああ、そうですね。

伊集院光:「もうM-1、よくない?」って、俺なんか外の人間だから。

屋敷裕政:はっはっはっ(笑)

嶋佐和也:本当、そうですよね。

伊集院光:普通にみんなの『ヒットパレード』はあんな楽しく見れるのに。

屋敷裕政:ああ。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事