佐久間宣行P、ヨネダ2000のM-1グランプリ2022決勝ネタを絶賛「テクノのバンドを見ているようだった」「ダフト・パンクじゃねぇかな」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビプロデューサーの佐久間宣行が、ヨネダ2000のM-1グランプリ2022決勝ネタを絶賛していた。

佐久間宣行:俺ね、今回はヨネダ2000の変則的なやつ、腹抱えて笑っちゃって。めちゃくちゃ面白ぇなって思っちゃったんだよなぁ。

あと、真空ジェシカ。真空ジェシカはあんなさ、ストロングスタイルな大喜利漫才みたいなやつ、もう陣内さんのたとえのやつ、もう腹抱えて笑っちゃったんだよね。もうカッコイイなぁって思って。

カッコイイなぁって思っちゃった、真空ジェシカ。あんなさ、もう大喜利一本でさ。カッコイイなぁって思ったなぁ。

あと、ヨネダ2000。ヨネダ2000は、格好良すぎてなんかロックスターみたいだったもんね。ロックスターっていうか、カッコイイテクノのバンドとか見てるようだった(笑)

分かる?漫才っていうかね、テクノのバンド見てるみたいな感じだったんだよね。「うわぁ、カッコイイなぁ」っていう(笑)

感動に近いっていうか。ダフト・パンクじゃねぇかな(笑)はっはっはっ(笑)っていう感じで見ちゃったなぁ。それぐらい面白かったなぁって思いますよ。

ナイツ塙、結成2年目のヨネダ2000が他のM-1ファイナリストたちに「絶対的に勝てないのは『人間の味』」であると指摘「10点ぐらいハンデあげてもいいぐらい、本当は」
2022年12月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(毎週月-木 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、結成2年目のヨネダ2000が他のM-1ファイナリストたちに「絶対的に勝てないのは『...
博多大吉、キュウのM-1グランプリ2022決勝ネタは「観客に考えさせるネタ」であったことが敗因と指摘「一体感が生まれにくかった」
2022年12月21日配信開始のTBSラジオ『たまむすび』特別配信Podcast「博多大吉、『M-1グランプリ2022』を振り返る。」にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、キュウのM-1グランプリ2022決勝ネタは、「観客に考えさ...
タイトルとURLをコピーしました