おぎやはぎ矢作、錦鯉がM-1グランプリで優勝して感動を呼んだのは「バカみたいなネタ」だからこそであると語る「やっぱ一番のギャップじゃん」

2021年12月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、錦鯉がM-1グランプリで優勝して感動を呼んだのは「バカみたいなネタ」だからこそであると語っていた。

矢作兼:おじさんの時代だからね、今。

小木博明:今、そうなの?

矢作兼:だって、錦鯉が優勝するんだぞ。

小木博明:ああ、そうだ。たしかにあの優勝で何かが変わりそうだね。世の中の何かが。

矢作兼:いや、もう…

小木博明:おじさんのブームがきそうな気がする。

矢作兼:だって、ここが優勝したら、もう完全におじさんの時代でしょうよ。

小木博明:うん、なんか本当に変わっていきそうな感じするわ。

矢作兼:そうでしょ。

小木博明:嬉しいもん、だから俺も。同い年だしさ。

矢作兼:あれは見てたらさ、みんなうるっときちゃうじゃん。

小木博明:うん。

矢作兼:あのシーンを。あれは俺はおじさんだからきたのかなぁって思ったら、周りに聞くと、意外とみんな若い子もきてたね。

小木博明:若い子はあれを見てうるっとくる?

矢作兼:きてんだって。

小木博明:若い子のおじさん像っていうのはどういうことなんだろうね?そういう苦労してきたとかとかも考えてくれてるわけ?

矢作兼:なんでもおじさんが一生懸命やってたら泣くわけじゃなくて、やっぱ錦鯉の。あと、色んなタイミングね。色んなものが重なってんだと思うけど、ああいうネタもあんなバカみたいなネタだし(笑)

小木博明:ああ、そうだね。

矢作兼:そう、そう。やっぱ一番のギャップじゃん。

小木博明:分かる。

矢作兼:あんなバカみたいなネタで優勝して、本人たちは泣いて。

小木博明:うん。

矢作兼:しかも審査員、富澤君とか塙とか。

小木博明:うん、塙とか泣いてたね。

矢作兼:泣いてってなったら、それは感動するよ。

小木博明:あんなバカなネタしてんだよ、だって(笑)

矢作兼:あんなバカな(笑)

小木博明:よく泣けるって思わない?(笑)

矢作兼:だから泣いちゃうんだよ、あんなバカだから。

小木博明:ふふ(笑)本人、よく泣けるなって思うよね。あんなバカなことしてて。

矢作兼:そうだよなぁ。

小木博明:うん。あんなふざけてんだよ。で、「泣ける?」って。

矢作兼:やっぱこれは信じられないからよ。でも、一生懸命やってんの、バカだけど。バカが一生懸命やってるって、一番感動的じゃない。

小木博明:まぁね。

矢作兼:綺麗じゃん、心が。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事