くりぃむしちゅー上田、番組で催眠術をかけられる時に「頸動脈を押さえられて」失神させられそうになったと告白「いやいや、普通に苦しいわ」

2021年12月14日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅー上田晋也が、番組で催眠術をかけられる時に「頸動脈を押さえられて」失神させられそうになったと告白していた。

上田晋也:俺もゴールデンで「上田に催眠術はかかるのか」って、シリーズでやってた時があんのよ。

小木博明:おお。

上田晋也:最初、3人ぐらい出て。今もテレビ出てる人もいるわ。で、俺、基本的にディレクターと、「これ、かかった方がいいのか?」って話をしたわけ。「いや、上田さん、素直にやってもらっていいです」と。

太田光:うん。

上田晋也:「かからなくてもいいか?」「かからなかったらかからないで、シリーズ化します」と。

小木博明:はい、はい。

上田晋也:「じゃあ、素直にやるわ」って言って、かかろうと思ってないから、全然かからないわけよ。

矢作兼:はい。

小木博明:で、一人の人とかは、「はい、ちょっと楽にしてください」って言うんだけど、確実に頸動脈を押さえにきてんの(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

上田晋也:意識をなくさせようとしてんの(笑)

矢作兼:はっはっはっ(笑)

上田晋也:「いやいや、普通に苦しいわ」って(笑)催眠術とかじゃなくて、落とそうとしてるからね(笑)

太田光:はっはっはっ(笑)

矢作兼:ヒドイ(笑)

上田晋也:今でもテレビとか出てるわ、誰とは言わないけど。

矢作兼:ああ。

上田晋也:「これ、催眠術じゃないでしょ、落とそうとしてるだけじゃないか」みたいな。

太田光:はっはっはっ(笑)



太田上田

本日の人気記事