伊集院光、ビートたけしがタイタンライブで披露した落語『人情八百屋』は趣味の域を超えて落語家も舌を巻くレベルであったと絶賛「めちゃめちゃよくできてる」

2020年10月14日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、お笑い芸人・伊集院光が、ビートたけしがタイタンライブで披露した落語『人情八百屋』は趣味の域を超えて落語家も舌を巻くレベルであったと絶賛していた。

伊集院光:たけしさんがやったさ…

太田光:やった、素晴らしいですよ。

伊集院光:なんつったっけ…あんま落語家のやらない話。

太田光:ああ、人情長屋ね。

伊集院光:あ、『人情八百屋』。

上田晋也:タイタンライブでやったやつ?

太田光:タイタンライブでやったやつ。

伊集院光:これが凄くて。もっと言えば、たけしさんが何をやろうが、下手すりゃどんなにウケなかろうが、落語家からしてみれば、別にたけしさんが趣味でやることだから、いいじゃんって多分、落語家はみんなたかをくくったと思うんですよ。

上田晋也:はい、はい。

太田光:本寸法なんです、これが。

伊集院光:これが、もう今の落語家が手を出さなくなってる話を引っ張り出してきて。

上田晋也:うん。

伊集院光:演出も自分でちゃんと作って。

太田光:そうです、そうです。

伊集院光:めちゃめちゃよくできてる。で、泣ける話なの。だから、誰も…「俺たちは本業の落語家で、あの人は趣味でやってるわけだから」みたいなことを言えないレベルの出来で。



太田上田

本日の人気記事