おぎやはぎ矢作、柴咲コウは同じ「千川中学校」出身の後輩であるも「もし会ったとしたら、やっぱ俺から挨拶しちゃう(笑)」

2021年12月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、柴咲コウは同じ「千川中学校」出身の後輩であるも、「もし会ったとしたら、やっぱ俺から挨拶しちゃう(笑)」と語っていた。

小木博明:カカロニすがやは、同中っていうのが話しやすかったっていうか。

矢作兼:うん。

小木博明:やっぱスターだもん、千川中学の。

矢作兼:その時、聞いたのよ。「中学生の時に、俺たちはもう世に出てたのか?」って。

小木博明:うん。

矢作兼:「あ、もうそれは」って。

小木博明:でしょ。だから、「ウチの中学の出身なんだぜ」みたいな感じで、ずっと意識もしてたし、ヒーローなんだよ。

矢作兼:たださ、柴咲コウがいんのよ。

小木博明:ああ。まぁ、矢作の方が上だけどね。

矢作兼:ふふ(笑)上じゃねぇわ(笑)

小木博明:ふふ(笑)

矢作兼:10個下ぐらいに柴咲コウがいるから。

小木博明:まぁまぁ、でも。

矢作兼:そっちの方がリアルじゃない?近いし。

小木博明:まぁまぁ、近いからリアルではあるけども。

矢作兼:うん。

小木博明:でも、どっちの方が凄いか、人間的に凄いかって言ったら矢作だからね。

矢作兼:ただ、まだ一回も会ったことないけど、芸能界で。もし会ったとするじゃん、やっぱ俺から挨拶しちゃうもん(笑)

小木博明:ふふ(笑)分かる。それは分かる。

矢作兼:やっぱ頭下げちゃうもんな、「あ、どうも」なんつって(笑)

小木博明:それはそうだよ。なっちゃうよ。オーラも凄そうだし、生だったら。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事