おぎやはぎ小木、『バイキング』で坂上忍が過激な批判を繰り返すのは「役者だったっていうのが大きくて、MCの役を演じている」と指摘

2021年12月7日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、『バイキング』で坂上忍が過激な批判を繰り返すのは「役者だったっていうのが大きくて、MCの役を演じている」と指摘していた。

小木博明:俺、最初の頃はもうよくわかんなくて、坂上さんに「今日、どっち叩けばいいんですかね?」って聞いて。

太田光:はっはっはっ(笑)主体性ゼロ(笑)

小木博明:ふふ(笑)

上田晋也:どうなの?坂上さんはちょっと、「小木さん、どぎついのちょうだいよ」みたいな感じはあるの?

小木博明:どうだろうなぁ…

上田晋也:そんな感じでもない?

矢作兼:そんな感じもないですね。坂上さんも、どっちかって言ったらね、こっち寄りだと思うんですよ。

上田晋也:はっはっはっ(笑)え?(笑)

矢作兼:あんな感じに見せておいて。

太田光:でもさ、『バイキング』って引くに引けなくなってるところあるよな。

矢作兼:ああ。

太田光:鋭く突っ込むみたいな。

矢作兼:揉めないと。坂上さんも、わざと喧嘩しに行きますからね。

太田光:なぁ、行くよな。

小木博明:役者だったっていうのが大きいと思うんですよ。

太田光:うん。

小木博明:演じてる感じなんですよ、MCの役を。

太田光:うん。

小木博明:今更緩めらんないもんな、坂上さんもな。



太田上田

本日の人気記事