東野幸治、坂上忍に『バイキング』で無茶振りをされ続ける野々村真のメンタルを心配「脂汗かいたりしてんのがずっと続いてて、心配やったんです」

2021年4月30日放送のABCラジオの番組『東野幸治のホンモノラジオ』(毎週金25:00-26:00)にて、お笑い芸人・東野幸治が、坂上忍に『バイキング』で無茶振りをされ続ける野々村真のメンタルが心配であると語っていた。

東野幸治:(坂上)忍ちゃんが『さんま御殿』とかに出たりとかして。「僕はブスは嫌いだ」発言で、どんどん本音を言うみたいな感じで。有吉君とマツコ・デラックスが毒舌タレントで世の中にバッと出て、ちょっと落ち着いた頃に、次の毒舌の時に、坂上忍ちゃんがグッときて。

で、『バイキング』になって、毎週月-金の帯で色々、ニュースとかワイドショーやってるじゃないですか。で、たまに見たらゲストのこと、人によっては…だから、野々村真とは、『クイズ年の差なんて』って、文枝師匠の時に一緒にヤングチームみたいなんで出てるから、昔からの中で。

で、奥さんも知ってる関係性やから、ずーっとね、2時間半の生放送で、無茶振り何回も振られるんですよ。で、いつも野々村真さん、おどおどして、汗かきながら困って、困って、CM行くとか。

もうそんなんが毎回続いてるんですよ。野々村真さんも野々村真さんで、昔『いいとも』青年隊をやってて、その頃、スターの頃に『遺産相続』って映画、監督は降旗康男さんっていう、高倉健さん専属で撮る監督さんで。佐久間良子さんがスクリーンに何十年ぶりに復活するっていう映画に、同級生、勅使河原役っていうので出るんです、野々村真さん。

その友人Aが今田耕司さんで、Bが東野幸治で。結婚式のシーンで、「おい、てっしー、結婚おめでとう!」って大きい声で言ったら、佐久間良子さんが監督に「あの役者2人、誰?いい声出してんじゃん」って言われたんですよ(笑)スケールの大きな芝居をしてたって、凄い褒められたんですよ(笑)逆に言うと、大きい芝居しかできなかったんですよ、新喜劇の舞台しか知らんから。なんか、佐久間良子さんの芝居、小さいなって思ってたぐらいですから(笑)はっはっはっ(笑)

その関係性もあって、『バイキング』見たらいつも無茶振りされて、そういう脂汗かいたりしてんのがずっと続いてて、心配やったんです、気持ち、勝手な感じでね。

そんなもう、坂上忍ちゃんも無茶振りせんでも、毎度、毎度ウケへんねんから、やめてあげたらエエのに。でも、追い詰めるんですね。でも多分、坂上忍ちゃんにとって、一番心が許せる相手やから、ガス抜きになってるからそうしたいと思うねんけど、見ててちょっと辛いなって思ってて。



東野幸治のホンモノラジオ

本日の人気記事