山里亮太、さまぁ~ずへ15年の時を経て告白「Qさまを僕、ずっと辞めたかったんです…本当に辛かったんです」

2020年10月19日放送のテレビ朝日系の番組『さまぁ~ず論』(毎週月 25:56-27:16)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、さまぁ~ずへ15年の時を経て「Qさまを僕、ずっと辞めたかったんです…本当に辛かったんです」と告白していた。

山里亮太:(クイズ番組化する前の)『Qさま』やってる時の、むちゃくちゃ日々辛かったっていうのがあるんですよ。

大竹一樹:ああ。

山里亮太:正直…『Qさま』僕、ずっと辞めたかったんです。

吉村崇:はっはっはっ(笑)

山里亮太:今日、さまぁ~ずさんとお話できるっていうんで、それをずっと言いたかったんです。

三村マサカズ:何なの?

大竹一樹:分からなくはないけどね。

吉村崇:時期的には2004年です。M-1で準優勝、そこからバーンと火が着いたのがその時期ですね。

大竹一樹:そこからレギュラーかな?

山里亮太:そうです。2005年ぐらいにレギュラーにしていただいてるんで。

三村マサカズ:アンタッチャブルとかさ。

山里亮太:そうですよ。ロバートさん、青木さやかさん。

吉村崇:イケイケなところに。

三村マサカズ:今考えると、凄いメンバーだったから。

吉村崇:そこにちょっと新人っぽい感じで入ってって。

山里亮太:そうです、そうです。僕らはM-1でバーンと出てきて。会社も「今が押し時だ、面白い番組入れときゃいい」って、僕らを『Qさま』に、言ったらゴリ押しですよ。

三村マサカズ:うん。

山里亮太:吉本興業のゴリ押しで。だって、途中参加ありえないんですから。チームできてましたからね。

三村マサカズ:そうか。

山里亮太:そこにゴリ押されで入った後の苦悩よ。

三村マサカズ:ああ、大変だった?

山里亮太:いやぁ…本当に辛かったです。

大竹一樹:辛かった(笑)

三村マサカズ:全然、俺ら分からなかったけどね。

大竹一樹:気配は後に感じるんだけど、当時の感じ分からないからね。



さまぁ~ず論

本日の人気記事