ニューヨーク屋敷、さまぁ~ずより下のノブコブ吉村ら芸人は「家来みたいな顔、負け顔で番組出演をしている」と指摘「本当は凄い喧嘩強い人やのに」

2021年2月1日放送のテレビ朝日系の番組『さまぁ~ず論』(毎週月 25:56-27:16)にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、さまぁ~ずより下の平成ノブシコブシ・吉村崇ら芸人は「家来みたいな顔、負け顔で番組出演をしている」と指摘していた。

屋敷裕政:さまぁ~ずさんらへんの世代から一個下がると、みんな家来みたいな顔をしてるじゃないですか。

三村マサカズ:ふふ(笑)

吉村崇:ごめん、俺と澤部のせい(笑)

屋敷裕政:ふふ(笑)凄い喧嘩強い人やのに、本当は。ムッキムキで。だけどなんか家来みたいな顔をして(笑)

吉村崇:最初は暴れましたけど、暴れて怒られて、やめていきましたよ、我々の世代(笑)そうじゃねぇんだっていう(笑)

屋敷裕政:ふふ(笑)

吉村崇:本当、我々が壊したかもしれません(笑)

屋敷裕政:ああ。

吉村崇:「椅子につけんな、マイク!」とか言われて、「すみません…」って謝って。

屋敷裕政:はっはっはっ(笑)

大竹一樹:覚えてったんだね。

吉村崇:はい(笑)

屋敷裕政:もう一回、そういう時代って来ないじゃないですか。負け顔全盛の時代が長く続いてるじゃないですか。

大竹一樹:いやぁ、それはみんな思うんじゃない?

三村マサカズ:俺もその時代はもう一回きて欲しい。

大竹一樹:俺も思う。

屋敷裕政:ああ。もう一回、芸人が勝ち顔をっていう。



さまぁ~ず論

本日の人気記事