ノブコブ吉村、山里亮太はMCとして「オンエアに残るワード」を収録中に計算して言っていることが凄いと賞賛「僕との圧倒的な差」

2020年10月26日放送のテレビ朝日系の番組『さまぁ~ず論』(毎週月 25:56-27:16)にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、南海キャンディーズ・山里亮太はMCとして「オンエアに残るワード」を収録中に計算して言っていることが凄いと賞賛していた。

吉村崇:山ちゃんと僕の圧倒的な差は、山ちゃんはちゃんとオンエアのことを考えるんです。

大竹一樹:そうか。賢いもんね、また。

吉村崇:オンエアのことを考えて、オンエアに残るワードを探して、見つけてそれを発表するんですけど。

大竹一樹:うん、なるほど。

吉村崇:僕は本当にその場のノリだから。

山里亮太:それ待って(笑)今、なんか俺を褒めてる言い方してるけど、自分のことを天才型だと思ってる?

吉村崇:はっはっはっ(笑)俺はもう本当バカだから(笑)

山里亮太:自分をカッコイイ言い方で(笑)

大竹一樹:感覚の方ね。

山里亮太:ズルいですよね(笑)

吉村崇:山ちゃんはちゃんと、切りどころ、残しどころのワードをちゃんとやってる。

山里亮太:恥ずかしいよ、それは(笑)

大竹一樹:それできないから。

山里亮太:それをどう捉えるかですね。言い方によっては、小器用とかこじんまりしてる。ワクワクさせるものがないっていうか。昔、とんねるずさんが生で出るって言ったら、「今日、大丈夫か?」って感じはないじゃないですか。

三村マサカズ:うん。

山里亮太:でも、さまぁ~ずさんってワクワクするじゃないですか。天才型、努力型って言うんだったら、僕のイメージでは天才型なんです。天真爛漫、思うがままに好きなこと言ってるタイプ。

大竹一樹:できないからね。



さまぁ~ず論

本日の人気記事