赤江珠緒、新型コロナウイルス感染を疑って大事をとって2日に自宅から『たまむすび』テレワーク出演を行うも6日には無事復帰「細菌性気管支炎ということで」

2020年4月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、新型コロナウイルス感染を疑って大事をとって2日に自宅から『たまむすび』テレワーク出演を行うも、本日6日には無事復帰していた。

赤江珠緒:竹山さん、今日、スタジオが通常のところに戻ってきました。

カンニング竹山:はい、そうですね。

赤江珠緒:私も、スタジオに参りました。

カンニング竹山:ね、休んでたらしいですね。

赤江珠緒:うん。木曜日ね、自宅から出演させていただいたんです。

カンニング竹山:ほう。

赤江珠緒:というのも、喉が嗄れて不調になって。「これは…」と思って、万が一ということを考えて、自宅からやったんですけども。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:で、結果で言いますと、その後、病院にも行きまして、「細菌性の気管支炎」ということで。

カンニング竹山:おお、喉いかれちゃった。

赤江珠緒:はい。で、割と気管支炎と喘息になりやすいタイプだったんで、通常、いつも通りの先生に見ていただいて。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:で、その薬を飲んだところ、劇的にこの週末、静養してたら治りました。

カンニング竹山:今、コロナ騒動が起こる前から、風邪とか気管支炎とか普通にあるわけじゃないですか、声枯れとかね。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:あと今、花粉症もあるから。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:でも、なんかもうすぐそれに…自分も「大丈夫か?」って思う部分もあるし、みんなそれに結びつけたがるというか。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:なんかありますよね。

赤江珠緒:ねぇ。通常だったらね、「ご心配をおかけしてすみません」とか、それが社会人として当然のご挨拶なんですが、あえてそれは申し上げまい、と。今回私、思いまして。

カンニング竹山:そうですね。

赤江珠緒:病気に関してはしょうがないと思ってるんですけど…ただ、木曜日の放送内容には申し訳なかったな、と(笑)

カンニング竹山:何があったの?

赤江珠緒:それに関しては謝った方がいいかな(笑)



たまむすび

本日の人気記事