高田文夫、志村けんが大ブレイクするきっかけとなった『東村山音頭』誕生秘話について語る「稽古場で志村が歌っていた東村山音頭に、いかりや長介が目をつけた」

2020年4月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、志村けんが大ブレイクするきっかけとなった『東村山音頭』誕生秘話について語っていた。


志村けんのだいじょうぶだぁ BOXI だっふんだ編 [DVD]

高田文夫:チビッコたちは、志村けんじゃなくてすわ親治が入ると思ってて。で、志村見て「なんだ?この若い人は」って思ったんだよ。

松本明子:最初、「誰なんだ?」って、みんなね。

高田文夫:「これ大丈夫なの?荒井注の代わりで」って、みんな思ってたろ?で、俺はもうその時、逃げ出してさ。三波伸介さんの方に行ってさ(笑)

松本明子:ああ。

高田文夫:俺は寝返るの早いから(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:三波伸介の番組、ずーっと台本書いてたんだけど。で、「あ、志村はメンバーになったんだ」って思ったんだけど。

松本明子:はい。

高田文夫:で、昔からいかりやさんがさ、志村をバカにしてたわけだよ。

松本明子:うん。

高田文夫:いかりやさんって、業平橋だからね。ちゃきちゃきの江戸っ子なんだよ。

松本明子:へぇ。

高田文夫:今のスカイツリーのところ。

松本明子:ああ、ああ。

高田文夫:昔、志ん生の『なめくじ長屋』があったところだよ、舞台。

松本明子:へぇ。

高田文夫:志ん生が住んだところだよ。あそこの近くに住んでたのが、いかりやさんなんだよ。

松本明子:へぇ。

高田文夫:ちゃきちゃきの江戸っ子だから、田舎っぺ大嫌いなんだよ(笑)だから、「志村、お前なんか田舎っぺじゃねぇかよ」って、いつも追い詰められてたんだよ(笑)

松本明子:へぇ。

高田文夫:そうすると、志村が「東村山~」って(笑)「なんだ、その田舎くせぇ歌は」って(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:「知らないんですか?これを三橋美智也が歌ってるんですよ」って。三橋美智也がご当地の歌、いっぱい歌ってるじゃん。

松本明子:ええ。

高田文夫:で、東村山音頭っていうのを歌ってんのよ。それが小さい時、体の中に入ってたんだろうな。

松本明子:へぇ。

高田文夫:だから、稽古場でも「東村山~」って歌ってて。「それ面白いな」なんつって。それで、一番が「東村山~」だよ。で、二番、いかりやさんがアドリブで作って。「一度はおいでよ三丁目~」って。あれ、作詞作曲はいかりや長介だから(笑)

松本明子:へぇ。

高田文夫:で、三番がパッと脱いで、白鳥とか出てくるだろ(笑)

松本明子:「いっちょめいっちょめわーお!」って。

高田文夫:あそこは志村さんのオリジナルだから。ソウルだから、あそこはね(笑)

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:あの人、元々はミュージシャンだからね。ソウルの血が、ロック・アンド・ロールだから。

松本明子:はい。

高田文夫:で、バーンと、日本中で広がるんだよ。

松本明子:大ブレイクですよね。

高田文夫:それで志村けんっていう名前が一気に。

松本明子:ああ。

高田文夫:あれがなかったら大変だったね。



ビバリー昼ズ

本日の人気記事