伊集院光、ゆきぽよが語る『バチェラー』で候補者を恋愛にのめり込ませていくルールに驚く「そこまで考えてるのか」

2019年11月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ゆきぽよ(木村有希)が語る『バチェラー』で候補者を恋愛にのめり込ませていくルールに驚いていた。

伊東楓:久保さんのことは、回を重ねるごとにやっぱり好きになってくんですか?

ゆきぽよ:好きになっちゃうよ、あんなの。

伊東楓:そうなんですか。

伊集院光:マジで?(笑)

ゆきぽよ:だって、まず生活しに行きます。「バチュラーの生活始まりまーす」って時に、もう2ヶ月間、携帯没収です。

柴田理恵:へぇ、そうなの?

ゆきぽよ:そう。で、携帯没収。で、ラジオダメ、音楽ダメ、雑誌ダメ、漫画ダメ。

柴田理恵:何ならいいの?

ゆきぽよ:いいのは、トランプとかジェンガとか、恋バナとか(笑)

柴田理恵:へぇ。

ゆきぽよ:そういうのしかできなくって。

伊集院光:へぇ。

ゆきぽよ:だからもうずっと、バチェラーが他の女の子とデート行ってる間、携帯とかゲームあったら、バチュラーのことを考える時間なくなるじゃないですか。

伊集院光:そうか。

ゆきぽよ:でも、それがないと、「あ、バチェラー今、何してるんだろう?」とか。「今、どうせキスしてるんだろうなぁ」とか、そのことで頭いっぱいになっちゃって。

伊集院光:へぇ、そこまで考えてるのか。あのルール、よくできてるね。

ゆきぽよ:嫉妬が凄い。

伊集院光:もう、彼のことを考えるしかなくなっちゃうんだ?

ゆきぽよ:そう。もうクボリンしか頭になかったんですよ。

伊集院光:へぇ。

ゆきぽよ:しかも、やっぱり恋愛リアリティショーだから、カメラを撮ってるから、カメラマンさんとかいます。スタッフさんとかもいるけど、口聞いてくれないの。

伊集院光:ああ、「私たちはモノです」っていう状態になってるんだ。

ゆきぽよ:「おはようございます」って、何度声かけてもシカト。

伊集院光:ああ。

柴田理恵:そこで恋愛になったりもね。

ゆきぽよ:それがあったら困るから、もうスタッフさんとは一切何も関係なく、バチェラーだけでした。

伊集院光:そうやってる内に、「負けたくない、負けたくない」って方に火がつくから、どんどん好きになってくんだろうね。

ゆきぽよ:そう。負けたくない火と、手に入れたい火と、恋をしてる火といっぱいあるから、もうあの中の世界はカオスでしたよ。

山里亮太、ゆきぽよが行っていたりんごちゃんのモノマネの前振りコメントを絶賛「この子、できる子だな」

爆笑問題・田中、ゆきぽよ(木村有希)の「元カレ、全員留置所に行った」発言に驚愕「全員ってなんだよ(笑)」



伊集院光とらじおと

本日の人気記事