伊集院光、バスケW杯強化試合チュニジア戦のラスト30秒で逆転のフリースローを決めた渡邊雄太選手を称賛「いとも簡単に2本とも成功」

2019年8月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、バスケットボールW杯の強化試合で、チュニジア戦のラスト30秒で逆転のフリースローを決めた渡邊雄太選手を称賛していた。

伊集院光:僕は「バスケをやらないために生まれた男」と言われてきた。

新井麻希:ふふ(笑)

伊集院光:すぐゴールの下にいて、こんだけクラスで一番身長高いのに、シュート入らないんだから。

新井麻希:ふふ(笑)

伊集院光:「よく入らないように投げられるな」っていう。

新井麻希:ふふ(笑)弾かれて。

伊集院光:何が凄いって言っても、ラスト30秒ぐらいで日本が2点負けてて。で、フリースロー2本の権利を得るのね。

新井麻希:はい。

伊集院光:そこで、渡邊雄太選手がいとも簡単に2本とも成功するの。

新井麻希:凄い。

伊集院光:成功しない自信があるね。

新井麻希:ふふ(笑)

伊集院光:「伊集院君、10日わけて300球投げていいよ」って言われて、1球も入らない自信がある。

新井麻希:はっはっはっ(笑)

伊集院光:あの感じの。でも、性格が全く違うから。ウチのカミさんなんか「投げたい」って人だから。

新井麻希:へぇ、そうなんだ。

伊集院光:試合の後…結局そこで追いついたのを、ラスト0.2秒でチュニジアの某って選手がシュート決めて。で、結局、2点差で負けるんですけど。

新井麻希:はい。

伊集院光:試合後のインタビューで渡邊選手が、「負けてはしまったけど、あのシーン凄かったですね」なんか言われて。

新井麻希:うん。

伊集院光:「何回も練習してるし、あそこで決めるために自分たちはいるんだから、それは決まる以外、全く思ってませんでしたけど」みたいな。

新井麻希:うわ、カッコイイ!

伊集院光:でも、カミさん曰く、「高校の部活なりに、自分で入れられなかったら、みんなも入らないぐらいの気持ちじゃないと試合は出れないから」なんて言われて。

新井麻希:ああ。

伊集院光:それは家でも立場弱ぇわけだなって思いながら。

新井麻希:はっはっはっ(笑)



伊集院光とらじおと

本日の人気記事