佐久間宣行P、『TVチャンピオン』はADからプロデューサーまで全員で企画案を毎回出していて「企画が通ればADもディレクター」だったと明かす

2019年11月4日公開のカジサックのYouTube動画「【超裏話】ゴッドタンを作った佐久間宣行さんが赤裸々に語る – YouTube」にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、『TVチャンピオン』はADからプロデューサーまで全員で企画案を毎回出していて、「企画が通ればADもディレクター」だったと明かしていた。

佐久間宣行:『TVチャンピオン』って番組、俺が知ってる全てのテレビ番組の中で、一番平等なのよ。

カジサック:ほう。

佐久間宣行:どういうことかって言うと、毎回「何々王」ってあるじゃん。

カジサック:はい。

佐久間宣行:あれ、企画通ったらADでもディレクターになれんの。

カジサック:へぇ。

佐久間宣行:一番偉いプロデューサーまで企画出してんのよ。で、全員が企画出すの。

カジサック:へぇ、すげぇ、全員が。構成作家さんだけとかじゃなくて?

佐久間宣行:じゃなくて。で、全部のディレクターが出して、「出さない奴ダサい」って言われる番組なのよ。

カジサック:へぇ。

佐久間宣行:俺がいた頃の『TVチャンピオン』っていうか、特にゴールデンで全盛期言われた頃の『TVチャンピオン』ってそういう空気で。で、その時にADで企画を通したら、即ディレクターに上げてくれて。

カジサック:はい。

佐久間宣行:先輩たちも飛ばしてOKっていう空気だったから。それからディレクターになれるようになったの。



カジサック, YouTube

本日の人気記事