木梨憲武、現在の歌手活動はとんねるずや矢島美容室とは異なる「ゼロからという作業」で楽しいと語る

2019年10月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武が、現在の歌手活動はとんねるずや矢島美容室とは異なる「ゼロからという作業」で楽しいと語っていた。

伊集院光:今、一番興味あることってなんですか?これやってる時、楽しいなって。

木梨憲武:今ね、歌手活動入ったから。

伊集院光:はい、入りましたね。

木梨憲武:で、今日も宣伝させていただくね、物を作ってくのを、先生、ディレクターっていう。

伊集院光:はい。

木梨憲武:その人たちがみんなタレントさんだったりすると、こういう卓に座って、「はい、もう一回行きます」「ノリ、もう一回ね」って。

伊集院光:はい。

木梨憲武:ダメ出し食らいながら、その監督に乗っかりながら一個の作品ができて行くから。

伊集院光:はい。

木梨憲武:「自分の意思、いらねぇんだ」って感じで。

伊集院光:うん。

木梨憲武:「そのビブラート余計、要らない」って、AIちゃんに言われるわけよ。

伊集院光:はい。

木梨憲武:で、8時間ぐらいスタジオ入って、「もう一回、もう一回行くよ。もう一回行けばいいの出るよ、ノリ」なんて言われながら。「一旦、そっちに行ってお茶飲みたいんですけど」って(笑)

伊集院光:ふふ(笑)

木梨憲武:「はい、じゃあ一旦、お茶飲みましょう」なんて。

伊集院光:うん。

木梨憲武:そういう、各先生たちとレコーディングスタジオ行ってたりすると、それで編集してもらったりすると、一曲できてくるこの喜びがね、究極になって…いきなり変な感じで宣伝になっちゃってるけど。

伊集院光:なんで照れるんですか(笑)いいじゃないですか(笑)

木梨憲武:ごめんなさい、なんかいやらしくてね(笑)でも、こういう物を作って「一つのアルバムなんだ」っていうのをね、初めて味わってる感じ。

伊集院光:どっちかって言うと、とんねるずは、それこそノリさんは振り回す側ですもんね、逆に言えば。

木梨憲武:うん。なんか、とんねるずとか野猿とか矢島美容室とか、作曲家がいて、作詞・秋元康さん書いたり、遠藤察男っていうのが書いたり、氣志團の翔やんが書いたりって、できあがってんのを行って、自分のパートだけ歌うっていうの、すぐ終わっちゃうんだけど。

伊集院光:うん。

木梨憲武:最初から、ゼロからっていう作業が。「あれ?随分、スタジオ行くね。3日通ってんね」みたいな感じが出るから。

伊集院光:それは面倒くさいじゃなくて、ちょっと面白いの?

木梨憲武:スタジオ入って、スタジオの料金も高いじゃない、きっと。

伊集院光:はい、はい。

木梨憲武:ミュージシャンの人って、スタジオ入るとノラないとやらないみたいな雰囲気、どっかで聞いたことあるから、「今日、やめよう」みたいなね(笑)

伊集院光:マネで?(笑)

木梨憲武:「来ないねぇ」みたいな。

伊集院光、とんねるず・石橋貴明と木梨憲武の違いを語る「とんねるずファンを守ろうとする石橋、今楽しいことを追求しようとする木梨」

木梨憲武、「ラジオの先輩」伊集院光に挨拶をということで『とらじおと』出演「ご挨拶しに行かなきゃいけないかなって」



伊集院光とらじおと

本日の人気記事