伊集院光、ニッポン放送の番組終了後に「ギャラのよかった」他局を蹴ってTBSラジオを選んだのは「スタジオでタバコを吸えるから」

2020年1月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ニッポン放送の番組終了後に「ギャラのよかった」他局を蹴ってTBSラジオを選んだのは「スタジオでタバコを吸えるから」だったと明かしていた。

竹内香苗:伊集院さん、タバコを吸わなくなりましたね。15年前当時は…

伊集院光:俺、だって煙の向こうにいたもんな(笑)

竹内香苗:いや、本当に霞んでた(笑)このモヤの向こうに(笑)

伊集院光:必ず、俺にはピント合わなかったから(笑)

竹内香苗:煙ってたんです、この辺。

伊集院光:だってTBSと、実は某局と…ニッポン放送を辞めた時に、TBSともう一局、声をかけてくれた局があったんだけど。

竹内香苗:はい。

伊集院光:そこは、完全禁煙だったから、スタジオが。

竹内香苗:はい。

伊集院光:ハッキリ言いますよ、そっちのほうがギャラよかったです。

竹内香苗:はっはっはっ(笑)

伊集院光:なんだけど、大きな理由の一個に、もちろん、TBSに凄く熱心に誘ってくれた人もいたんだけど、「いや、タバコを吸わずに普通のトーク、多分、できないと思う」ってぐらい。

竹内香苗:うん。

伊集院光:だったね。タバコはもう全く吸ってないね。

竹内香苗:そう、今、全く吸ってない。

伊集院光:うん。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事