劇団ひとり、「伊集院光」の名前が大沢あかねとの間で口に出すのは「御法度」である理由「なんであんなブスと付き合ってんだ、と…」

2020年10月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・劇団ひとりが、「伊集院光」の名前が大沢あかねとの間で口に出すのは「御法度」である理由を語っていた。

劇団ひとり:一緒に歩いて帰ったこと、ラジオで話しましたね?

伊集院光:話した、話した。

劇団ひとり:伊集院さん、夜。

伊集院光:うん、うん(笑)

劇団ひとり:その時に、本人には言わなかったけど、「お前、なんであんなブスと付き合ってんだ」って、言おうかどうか迷ったって話をしてました。

伊集院光:言ってないよ(笑)

劇団ひとり:してました!

伊集院光:言ったかなぁ…

劇団ひとり:こっちはそれを聞いてないフリしてたんですからね!

伊集院光:ちょっと待ってくださいよ(笑)

劇団ひとり:それは、なんか言っちゃいけないのかな、言ったら伊集院さん困るだろうなって思って、『検索ちゃん』の時も、俺はグッとこらえた。

伊集院光:今日、褒め合いで入ったじゃん、最初(笑)

劇団ひとり:ふふ(笑)その放送、嫁さんも聞いてた。

伊集院光:ああ~ごめんなさい(笑)

劇団ひとり:だからもう、伊集院さんの名前は御法度。今日の朝も、伊集院さんのラジオに出るってことは言わなかった(笑)

伊集院光:さて、ひとり君の少年時代の話から…

劇団ひとり:いえいえ、誤魔化し方ヘタですよ(笑)

伊集院光:ふふ(笑)

劇団ひとり:僕も最初、「何の話ですか?」みたいな顔をしましたけど、覚えてます、ハッキリ(笑)

伊集院光:ふふ(笑)

劇団ひとり:それなりに、ウチの家では大きな出来事になっちゃったから。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事