伊集院光、師匠・三遊亭円楽が高座復帰して「みんな生きてるかどうか見に来ただけでしょ?」と言いつつ喜色満面に落語をやっていたと明かす

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年8月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、師匠・三遊亭円楽が高座復帰して「みんな生きてるかどうか見に来ただけでしょ?」と言いつつ喜色満面に落語をやっていたと明かしていた。

伊集院光:師匠も楽しそうに、喜色満面にやってるんですよ。で、本人も言ってて。「みんなあれでしょ?生きてるかどうか見に来ただけでしょ」っつってて(笑)

「私もなかなか、まだ上手くできませんけど。みんなもどうせ、動くかどうか見に来ただけだろうから、とりあえず今日の状態で、これぐらい動いたっていうのだけ覚えて帰ってください」ってことを言ってて。

車椅子でだけど、落語ちょっとやって。で、まぁまぁそんななんだけど。その時に、お客さんの席から寄席を見るのはほとんどなくなってる中で、俺もおっさんとしていい仕上がり始まったなって思ったのが、寄席演芸に、落語以外には大まとめに「イロモノ」って言うんだけど、イロモノの人が出てくるわけ、落語演芸以外の人。

その中に、多分ラジオ聞いてる皆さんがほぼ触れたことがない、小唄っていう。三味線を持った着物の女性が出てきて、ペテントンツンテンなんつって。短い歌を歌うわけ。

で、大体が色っぽい歌で。笑うって俺もないのよ。「きりぎりすは 腹で鳴く 私はあなたの胸で泣く ペペン」なんつって、頭を下げられて。「ああ…」の感じで(笑)

俺は、正直若い頃なんだかよく分からない、面白い漫才の人が出たりとかして、で、落語出ます。で、もう一回落語やって、手品出て、落語…ってやって、小唄が分かんないの、その小唄の良さみたいなの。今日も「ああ、小唄ってあったなぁ」って思って聞いてて。

伊集院光、三遊亭円楽の姿を『笑点』で久しぶりに見た視聴者が急速な老いにショックを受けていることに言及「僕からしたら、急速に元気になってるって感じ」
2022年7月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、三遊亭円楽の姿を『笑点』で久しぶりに見た視聴者が急速な老いにショックを受けていることに言及していた...
伊集院光、師匠・三遊亭円楽の老いについてネガティブには捉えていない理由
2022年7月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、師匠・三遊亭円楽の老いについてネガティブには捉えていない理由について語っていた。 伊...
タイトルとURLをコピーしました