伊集院光、師匠・三遊亭円楽の代演で『おたよりください』を続けていることによる影響があったと明かす「仕事のペースが変わっちゃってさ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、師匠・三遊亭円楽の代演で『三遊亭円楽のおたよりください』を続けていることによる影響があったと明かしていた。

伊集院光:今週気づいたこと…いけね。ついつい最近さ、仕事のペースが変わっちゃってさ。

今、ガラスの向こうにいる金子ディレクター、金子ディレクターと本来は今、病気療養中のウチの師匠の円楽がやってる、『三遊亭円楽のおたよりください』のピンチヒッターで、そっちも金子ディレクターで。それの収録をやってるもんだから、そっちの癖出ちゃって。キュー見ちゃったよ。

喋りだしてくださいの、俺に向かって手を、「なんかちょうーだい」みたいにするやつに合わせて「今週気づいたこと」を言っちゃったよ。

もうやりにくい。凄いやりにくいのは、この変な関係、どうにかなんないのかな。要するに僕がもう、JUNKを始めてから、この業界に金子ディレクター入ってきて、しばらくADやって、それでその頃のディレクターとかを暗殺とかして。傘の先に毒を塗って「あ、すみません」チクッてやって、やっつけて、やっつけて、ここのディレクターになったじゃん。

でも、俺はその一部始終を見てるからね(笑)どうやって成り上がってきたかを知ってて。で、その後に、ウチの師匠とあの番組をやり始めてるじゃん。で、ウチの師匠は、なんだか分からないけど、ディレクターを凄い尊重しちゃうじゃん(笑)でしには怖いんだけど、キューを出したら喋るもの、みたいな。

で、「要所要所、タイミングでキューちょうだいね」みたいなことを言うでしょ、あの人。だから、「おはようございます」って喋りだしと、その後のフォーマット、局で違うんだけど。一番長いバージョンのやつは、日本香堂からのお便りを読むわけ。

「5月は皐月とも言いますね」って。俺は「そうなの?」って思ってるんだけど。「元々は、苗を植える早苗月を縮めて、皐月と言うんですな」って(笑)

これ、師匠が読むていのお便りになってるから。俺になったからって、おいそれと変わらないから、凄い知識がある人が、みんなと知識を共有する感じの。「ですな」なんつって(笑)

で、ペンネームを言うまでのキューを出して、さらには内容を読むキューみたいなの出すのよね。そんなキューいっぱい出されたらさ、従うようになっちゃうよ、本当に(笑)

だから、この番組もキューを待つっていう。指示待ち人間だよね、完全な。

伊集院光、師匠・三遊亭円楽(楽太郎)との入門からタレント転身した現在に至るまでのエピソードトークまとめ
入門 三遊亭円楽:いや、(弟子に)とりたくなかったんだけど。 伊集院光:そうなんですよね。 三遊亭円楽:ウチの師匠の弟さんと、伊集院のおじさんが知り合いだったのよ(笑) 吉井歌奈子:ちょっと、コネ採用みたいな。 ...
三遊亭円楽、弟子・伊集院光との対談で語った数々の金言まとめ
処世術とは知恵、人に好かれること 伊集院光:師匠以外の人から聞いた伝説で。歌丸師匠、多分、その頃はおタバコを吸われてて、缶ピースを吸ってらっしゃったんです。 三遊亭円楽:そう、そう。 伊集院光:その缶ピースがなくなる。...
タイトルとURLをコピーしました