星野源、オードリー若林から「考えついたアイデアが、既に過去に作ったものと似ている」ことから脱却する方法を質問されて『創造』『不思議』創作秘話を語る

2021年11月10日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、シンガーソングライターの星野源が、オードリー・若林正恭から「考えついたアイデアが、既に過去に作ったものと似ている」ことから脱却する方法を質問されて、『創造』『不思議』創作秘話を語っていた。

若林正恭:音楽って…俺、星野さんの曲が出るたびに思うんですけど。自分の感情で書くじゃないですか、星野さんが。

星野源:はい、はい。

若林正恭:ネタも…漫才もそうなんですけど、1時間経って「あ、思いついた」って思ったら、「いや、28の時にやったわ、これ」って時があるんですよ。

星野源:ああ。

若林正恭:曲とかって、足を踏んでない場所を探すのって、むずくなってこないんですか?

星野源:いや、めちゃくちゃ難しいですし。

若林正恭:あ、やっぱそうですか。

星野源:はい。僕、手癖で凄く作っちゃうことが多かったんですよ。

若林正恭:はい、はい。

星野源:なので、わりと似た進行が凄く多くて。

若林正恭:はい。

星野源:2019年ぐらい、本当に手癖っていうのをしっかりやめようと思って、作り始めてしっかりできたのが『創造』っていう曲で。

若林正恭:へぇ。でも、手癖って、自分の生まれ育ち方から、DNAからくるもんじゃないですか。

星野源:そうですね。

若林正恭:それをどう変えるんですか?音楽を作る上で。

星野源:ずっとギターで作ってたんですよ。

若林正恭:はい。

星野源:作曲して。で、なので、キーボードほとんど弾けなかったんですけど、去年の外出自粛期間が2ヶ月あったじゃないですか。

若林正恭:はい、はい。

星野源:そこで、時間ができたって思って、ピアノの練習を始めたんですよ。

若林正恭:はい、はい。

星野源:で、キーボードと打ち込みで作曲を勉強しようと思って、一から勉強し始めると、やっぱり楽器が違うんで、手癖から解放されたんですよ。

若林正恭:へぇ!

星野源:なので、音を変えたり、音色を変えたり、タイミングを変えたりっていうのが楽しくてしょうがなくて、気がついたら8時間ぐらい経ってるんですよ。

若林正恭:へぇ。

星野源:で、その前から、ミュージックビデオとかを自分で編集もしたりしてたんで、その編集作業とか大好きで。

若林正恭:はい、はい。

星野源:自分で向いてることを改めてこの40になる年で見つけちゃった、みたいな感じで。

若林正恭:へぇ。

星野源:楽しくてしょうがないんです、作曲が。

若林正恭:へぇ。

星野源:で、その楽しいって中で作ったのが、『創造』って曲と、『不思議』って曲で。

若林正恭:作り方から、変えていくっていう。

星野源:そうですね。

星野源、壮絶な苦しみの中で生み出した『化物』をレコーディングし終わった直後に「くも膜下出血で倒れた」と告白「拍手している中で」

オードリー若林、星野源と共演して「告白はしたくないの。この関係をずっと保ちたいの」とボケで言ったら意外な展開

星野源、「嫌いな人はめちゃめちゃいます」と告白「だからこそ、本当にたまにいるすげぇ好きだって人を大事にしたい」

星野源、オードリー若林のラップとコラボした『Pop Virus』を弾き語りできたことに感動「一生に一回あるかないかぐらいの、本当に素敵な空間でした」



星野源のANN

本日の人気記事