佐久間宣行P、千鳥とのNetflix企画『トークサバイバー トークが面白いと生き残れるドラマ』で大活躍していた大悟を称賛「本当にもう頭が下がるよ」

2021年11月10日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、千鳥とのNetflix企画『トークサバイバー トークが面白いと生き残れるドラマ』で大活躍していた大悟を称賛していた。

佐久間宣行:発表されたんですけども、Netflixと言えば、私も番組やらせていただきます、ありがとうございます。千鳥とですね、『トークサバイバー トークが面白いと生き残れるドラマ』っていうものをやらせていただくんですよ。

凄いざっくり言うと、俺、千鳥と昔『キングちゃん』っていう番組をやってて。そこで「ドラマチックハートブレイク王」って企画があって、俺と千鳥がめちゃくちゃ大好きだったの。

それは、学園ドラマの設定で、頭だけちょっとドラマがあって、間の不良たちが話してるシーンとかあんじゃん。そこは芸人のフリートークっていう。で、傷ついた話をするんだけど、カッコイイトーンで喋るっていう。

で、カッコイイ絵柄で撮るっていうのがあって。その後ちょっとだけ進んでくっていうのがあったんだけど。あれをNetflixと組んで、めちゃくちゃちゃんとした連ドラにして。毎回、ドラマーの間にフリートークゾーンが15~20分ぐらいあって。そのフリートークで一番ウケなかった、面白くなかった人が脱落してくの、ドラマ上。だから死んだりとか(笑)

最終的に、連ドラなんだけど、誰が残るのか、みたいな。誰が最後まで現場に立ってるのかっていう。Netflixもすげぇなって思うのは、結構斬新というか、実験的な企画じゃない。それに「やりましょう」って言ってくれて、千鳥もスケジュール出してくれて。

芸人さん、22~3人出るのかな。その人たちがエピソードトークをどんどんしていくっていう。でも、芸人さんのラジオいくつか聞いてると、それがあまりに過酷な収録だったから、「過酷な収録だった」って話してる芸人はもういる(笑)ニッポン放送にもいる(笑)

千鳥だけは…大悟だけはもう出ずっぱり。あの企画は、ノブさんと他のタレントさんが ウオッチングしてんだけど、大悟はとにかくもう全部出てる。全部出てドラマやって、エピソードトークも全部出てるから、本当にもう頭が下がるよ。とんでもなく大悟が頑張ってくれてて。

東野幸治、佐久間宣行Pは千鳥との番組『キングちゃん』で痛い目を見たため「吉本興業といい距離を置いて仕事をしている」と語る

佐久間宣行P、『テレビ千鳥』の大ヒットを見たテレ東の編成が「佐久間、ああいう番組をウチでもやってくれ」と言い出したことにイラッとした理由

三四郎・小宮、佐久間宣行×千鳥のNetflix番組『トークサバイバー』の予算の潤沢さに驚き「凄かった。人数とか、カネもめちゃくちゃかかってたし」



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事