佐久間宣行P、『タイラー・レイク 命の奪還』でスタントマン出身のサム・ハーグレイブ監督が命懸けで撮影した映像に驚愕「監督が車のボンネットにくくりつけられ…」

2020年4月29日放送の放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、『タイラー・レイク 命の奪還』でスタントマン出身のサム・ハーグレイブ監督が命懸けで撮影した映像に驚愕したと語っていた。


できないことはやりません テレ東的開き直り仕事術

佐久間宣行:Netflix『タイラー・レイク 命の奪還』って、今週かな、リリースされたんだけど。マイティ・ソーやってる、クリス・ヘムズワース主演のアクション映画なんだけど。

麻薬王の息子が誘拐されて、それを救いに行く傭兵の話なんだけど。とにかくね、中盤、カー・ガンアクションがあんだけど、12分間くらい1カット。

車に乗ったまま外でアクションして、アクションしたまま2階から落ちんのに、カメラも一緒に落ちんのよ。で、そのまま下でアクション続くっていう、信じられないカメラワークの。ストーリーとしても面白いんだけど、そこの中盤のガンアクションと喧嘩が凄すぎて。

で、それ「どうやって撮ったのかな?」と思ったら、メイキングほんのちょっとツイッターに載ってて。

脚本、ルッソ兄弟なのね、『エンドゲーム』の。で、かつ監督が『アベンチャーズ』シリーズかなんかのスタントマンの人なんだけど、監督が車にボンネットにくくりつけられて、自分で撮ってんのよ(笑)クレイジーでしょ、スタントマンだから(笑)

それ、メイキングがツイッターにあるから見て欲しいんだけど。ボンネットについたまま、そのまま下りて撮ってんの(笑)頭おかしいでしょ(笑)



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事