張本勲、高校野球で球数制限は容認するも過剰に投球を制限することへは反対「大事にしてやるのと、甘やかしたり楽にさせるのは違う」

2019年8月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、張本勲が、高校野球で球数制限は容認するも、過剰に投球を制限することへは反対であると語っていた。

伊集院光:この間もね、ちょっと燃えた高校野球の話。

張本勲:ええ。

伊集院光:高校野球のね、今、投球数をどうしようみたな話も、持論としては投げさせたい?

張本勲:はい。いや、それはいいと思いますよ、決めても。

伊集院光:投球制限を。

張本勲:条件つけたらいい。反対でもない、賛成でもないんですよ。

伊集院光:うん。

張本勲:やっぱり大事にしてやる。しかし、大事にしてやるのと、甘やかしたり楽にさせるのは違うからね。

伊集院光:ああ。

張本勲:大事にして、楽にさせて、素質通り伸びて、第選手になって。何千万、何億もらえる選手になれます?

伊集院光:うん…

張本勲:大投手はみんな必死に、歯を食いしばって倒れるぐらい練習してね、走り込んで、投げ込んで、それから這い上がってくんですから。

伊集院光:うん。

張本勲:その点を考えたらね、もうあまり大事に、楽にさせるようなことはしない方がいいです。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事