伊集院光、張本勲に「昔は炎の打者、今は炎上する炎の解説者」と発言「思ったことを全部言うから」

2019年8月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、張本勲に「昔は炎の打者、今は炎上する炎の解説者」と発言していた。

伊集院光:現在、みんなが張本さんを知ってるのは「喝」で、まぁ思ったことを全部言うから。

張本勲:いやぁ(笑)

伊集院光:色んなところで多少、燃え上がるじゃないですか。

張本勲:炎上してるんですよ(笑)

伊集院光:炎上しますよ。僕ら子供の頃、「炎の打者」って呼ばれてたんですけど、今はね、炎の解説者なんですよ。

張本勲:どうでしょうか(笑)

伊集院光:やっぱり、今の若い野球観と、合わないこともビシッと言いたい?それは。

張本勲:そうですね。今の野球、ちょっとロマンがないわね。

伊集院光:ロマン?

張本勲:打高投低でしょ。

伊集院光:はい、はい。

張本勲:こんなね、条件を同じにしてやらなければいけないのに、8:2で打者が有利だもんね。球が飛びすぎる。

伊集院光:ああ。

張本勲:ドームでしょ、風はフォローでしょ。

伊集院光:はい。

張本勲:人工芝でしょ、道具はいいでしょ。

伊集院光:うん。

張本勲:こんな理不尽な戦いをさせてるのは、プロ野球だけでしょ。

伊集院光:そうですね。

張本勲:ボクシングも階級あるんだから。五分の戦いで、非常にバッターが有利な戦いさせちゃダメですよ。

伊集院光:へぇ。

張本勲:ボールは元に戻さないと。それなら、ピッチャーも多少、有利に。ボール一個分、両方半分ずつ広げてやるとか、ホームベースを。

伊集院光:うん、うん。

張本勲:マウンドを高くするとか。こういうことを考えてあげないとね、ファンが納得しませんよ。

伊集院光:張本さんから見ると、今はバッターにかなり有利?

張本勲:もう、全然有利です。だから、ロマンがないというのは。今ならどうでしょう、王貞治なら70本打ちますよ。4割バッターが出てもおかしくない。

伊集院光:怒られるの覚悟で反論すると、球場の広さとかあるじゃないですか。

張本勲:はい。

伊集院光:今、広くなってるじゃないですか。

張本勲:いや、今、広くなってるのを、今度はまたホームランゾーン作ってるからね。

伊集院光:そうですね(笑)逆に言うと、広くしたのに。

張本勲:そう。

伊集院光:ソフトバンクの本拠地とかも、下げてますからね。

張本勲:ええ。だから人工芝でしょ。ホームランもそうだけど、人工芝で、野手の間、抜けちゃうんですよ。

伊集院光:うん。

張本勲:今まで抜けなかった球が。たまったもんじゃないですよ。抜けるのと捕られるのでは、天と地の差があるから。ピッチャー、たまったもんじゃない。

伊集院光:土の球場だったら、もうワンバウンドでショートが追いついちゃうようなやつも…

張本勲:それと、普通のボールでしたらね。今、飛びすぎるから。だから、14~5勝で最多勝だからね

伊集院光:はい、はい。

張本勲:昔は、38勝4敗という杉浦さん、南海の方もいらっしゃったからね。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事