伊集院光、劇団ひとりが伊集院のことを「裏表がある」と言わずに「ギアを切り替えている」と表現したことを評価「なるべく避けてくれたから(笑)」

2020年10月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、劇団ひとりが伊集院のことを「裏表がある」と言わずに「ギアを切り替えている」と表現したことを評価していた。

劇団ひとり:伊集院さん、本当に尊敬してて。っていうのもね、さっき僕のことを「色んな時間帯で活躍して」って、まさに伊集院さんを見て。

伊集院光:いやいや。

劇団ひとり:テレビに出始めの時に、結局、深夜でオモシロおかしくできるけど、「ゴールデンの立ち振る舞いって困るなぁ」って。同じことやっても、あんまウケないし、切られるし。

伊集院光:はい、はい。

劇団ひとり:ってなって。

伊集院光:ヘタすりゃ怒られるし。

劇団ひとり:そういう時に、伊集院さんって、本当に上手くギアを切り替えてやってらっしゃるなぁっていうので。

伊集院光:今、偉いなぁって思ったのは、「裏表がある」をなるべく避けてたね(笑)

劇団ひとり:はっはっはっ(笑)

伊集院光:凄い、なるべく避けてくれたから(笑)

劇団ひとり:ふふ(笑)

伊集院光:でも、たしかにあれは苦労するところで。

劇団ひとり:苦労しますよね。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事