東野幸治、ダウンタウンの前では未だに「師匠と弟子」のような関係性に戻ってしまうと告白「お世話になった先輩っていうのがあるから、その時に戻ります」

2020年11月21日放送のテレビ朝日系の番組『伯山カレンの反省だ!!』にて、お笑い芸人・東野幸治がゲスト出演し、ダウンタウンの前では未だに「師匠と弟子」のような関係性に戻ってしまうと告白していた。

神田伯山:ダウンタウンさんって、未だに緊張されるんですか?

東野幸治:緊張します。

滝沢カレン:へぇ。

東野幸治:そこはなんか、勝手に師匠と弟子じゃないけども、お世話になった先輩っていうのがあるから、その時に戻りますよね。

神田伯山:昔の松本さんとかって、ちょっと尖ってたっていうか、怖いイメージもあったじゃないですか。

東野幸治:はい、はい。

神田伯山:でも、今、凄い優しい感じで。

東野幸治:はい、はい。

神田伯山:でも、今、凄い優しい感じで。

東野幸治:はい、はい。

神田伯山:でも、やっぱり東野さんにとっては、怖いままのイメージなんですか?

東野幸治:僕とか同世代の芸人がたまに喋るのは、「『DX』で若手の芸人が出て、こんな笑ってたっけ?」みたいな(笑)

滝沢カレン:へぇ。

神田伯山:あ、昔は笑うこともない?

東野幸治:いやいや、笑ってなかった気がするよね、みたいな話はしますよ。

神田伯山:ああ。

東野幸治:だから、言ったら霜降り明星が出てきてボケたりとかね。

滝沢カレン:うん、うん。

東野幸治:モノマネして笑ってんの見たら、「あれ?ダウンタウンさんこんな笑ってたっけ?」みたいな(笑)

滝沢カレン:そうなんだ、変わったんだ。

神田伯山:それは弟子というか、昔のことを直で知ってる人からするとどういう思いですか?

東野幸治:だから、「ああ、丸くなってんなぁ」とか。でも、僕も笑わなかった方やけど、今、年齢重ねていくと笑ってるから。

神田伯山:ああ、年齢もあるんですか、余裕とか。

東野幸治:年齢とか、そういう立場とかあんのかなぁと思ったりもしますけどね。



伯山カレンの反省だ

本日の人気記事