今田耕司、東野幸治が仕事のない若手時代に新喜劇入りを提案されて「それやったら吉本辞めますわ」と言い出して驚いた過去を明かす「俺は一緒にやりたかったから」

2021年2月20日放送のテレビ朝日系の番組『伯山カレンの反省だ!!』にて、お笑い芸人・今田耕司が、東野幸治が仕事のない若手時代に新喜劇入りを提案されて「それやったら吉本辞めますわ」と言い出して驚いた過去を明かしていた。

今田耕司:俺とか東野は、人体実験みたいな。

神田伯山:ふふ(笑)

今田耕司:「これ、誰がダウンタウンに合うかな?」って。

神田伯山:はっはっはっ(笑)

今田耕司:大崎研究所が色々やってたわけですよ。

神田伯山:なるほど、なるほど(笑)

今田耕司:その時に、ガラスの綾波レイが入ってたみたいなところに、俺と東野が段々形になって。

神田伯山:ふふ(笑)

今田耕司:で、出来たわけなんですよ。

神田伯山:ええ、ええ。

今田耕司:その前、一回お仕事も大阪でなくなった時に、それこそ今の会長が吉本新喜劇担当なんで。

神田伯山:ああ。

今田耕司:その時、あぶれてた俺らみんなが吉本新喜劇に入ったんですよ。

神田伯山:そうですよね。いわゆる超新人の今の第一線のお笑いが新喜劇に入って。

今田耕司:そう。そこがちょうど一番大変な時期やったの、新喜劇は。

神田伯山:お客さんが入らなかったんですか。

今田耕司:「今度からここでやる」って時は、45分間ずーっとシーンとしてました。

神田伯山:あ、笑いがなかった?

今田耕司:東野はその時、一回「吉本をやめる」って言ってました、大崎さんに。

神田伯山:ああ、そうなんですか、へぇ。

今田耕司:「新喜劇やったらやめますわ」って。「え?」って、俺それ聞いて。で、後で東野呼んで。俺は一緒にやりたかったから。

神田伯山:ええ。

今田耕司:「吉本やめてどうすんねん」って言ったら、聞いたこともない、「植木屋なりますわ」って。

神田伯山:はっはっはっ(笑)

今田耕司:聞いたこともないんです。天才バカボンのパパと同じこと言うてるやん。

神田伯山:はっはっはっ(笑)



伯山カレンの反省だ

本日の人気記事