伊集院光、宮迫博之と田村亮の謝罪会見で明らかとなった「芸能界の圧力体質・隠蔽体質」を正す機会を逃さず追求すべきであると指摘

2019年7月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、宮迫博之と田村亮の謝罪会見で明らかとなった「芸能界の圧力体質・隠蔽体質」を正す機会を逃さず追求すべきであると指摘していた。

伊集院光:そもそも最初に、自分が知らずにそのイベントを迂闊に受けてしまいました。でいて、結果的にこの後出て来る、その申告もしていないから、結果的に税金もきちんと納めていません、みたいな話のみだった。

竹内香苗:はい。

伊集院光:正直に、知らなくて。知らなかったことを一生懸命に説いて、謝ることを一生懸命謝ってたら、ここまで大きな問題にならないけど。

竹内香苗:はい。

伊集院光:それ以外のところでは、やっぱり問題は大きくなると思う。で、それに対して、「それにしても吉本、めちゃくちゃじゃないか」って話になって、0と100がずっと入れ替わる話じゃないじゃん。…さぁ、伊集院さん、これを言って何の得?

竹内香苗:ふふ(笑)

伊集院光:一つもないよね(笑)全くないよね。しかも声が余計枯れていくという、興奮するから。

竹内香苗:ふふ(笑)

伊集院光:それが0対100になっていって。もっと言えば、皆さんから「伊集院まで、いいよ。俺に関係ねぇよ、飽きたよ。他の話してくれ」っていうことで、全部消えていくのはどうかなって。

竹内香苗:うん。

伊集院光:「芸能界みたいなものの圧力体質とか、隠蔽体質とかみたいなものを、もしかしたら正す機会をテレビ局ごと失っていくっていうのは、いいことなの?どうなの?」みたいなことを、ちょっと思うんだけどね。

竹内香苗:うん。

伊集院光:どんなもんなんだろうね。だから、最初に言った冗談の人間大砲でも済まないんだけれども。そこの単純構造みたいなところが凄く気持ち悪くて。

竹内香苗:うん。

伊集院光:昨今、ワイドショーのコメンテーターに芸人がなります、タレントがなりますって流れを、僕も喋るので、全部悪いと思ったらやってません。

竹内香苗:はい。

伊集院光:それ、いいところもあるんだけど、そこがお笑い芸人、ましてや吉本のお笑い芸人がそこでコメントするところは、ちょっと感情的なんだっていうことを、やっぱりどっかで頭に置いておかないと、間違った方向にどんどん話は行くと思うんですけど。

竹内香苗:うん。

伊集院光:どんなもんなんですかね。夜中の3時まで下ネタを怒鳴っていたんですけど。

竹内香苗:ふふ(笑)

伊集院光:そんなこと言ってる場合かって話なんですけど。そのことは考えて、冷静に切り分けながら、この追求を緩めないってことと、垂れ流しにしない、みたいなことはするべきだと僕は思ってるんですよ。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事