とんねるず石橋貴明、自分は芸能活動の中で「どうすりゃいいんだ?」と悩みつつ歩んだ一方で木梨憲武は「壁にぶつからず、迷いなく歩んできた」

2019年11月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、自分は芸能活動の中で「どうすりゃいいんだ?」と悩みつつ歩んだ一方で木梨憲武は「壁にぶつからず、迷いなく歩んできた」と語っていた。

伊集院光:俺らからすると、とんねるずってそういうことを考えないでずっときたと思ってて。

とんねるず石橋貴明、一度売れることは容易でも「売れ続けること」は困難だと語る「レギュラー張って10年、それが最低のレベル」

一度も壁にぶつからず、一度も迷いもなく、「俺、引き出し足んねぇんじゃねぇか」って思いもなく、ずっときたんじゃないかって思ってて。

石橋貴明:多分、木梨さんはそうだと思います(笑)

伊集院光:でも、ちょっとっぽいですよね。

石橋貴明:木梨さんは多分、そうだと思います。

伊集院光:はい。

石橋貴明:僕は本当に、そういった意味じゃ、色々いつも「どうすりゃいいんだ?」って思ってたから。

伊集院光:なんか思ったのが、僕らテレビ見てた時に、暴れてるのは石橋さんで、木梨さんの方が冷静ってイメージだったんだけど、実はけしかけてるじゃないですか、木梨さんって。

石橋貴明:うん。

伊集院光:で、タカさんは、ある意味、サービス精神でどう盛り上がるかも含めて暴れてる。今、大人になると分かってくるから。

石橋貴明:ふふ(笑)

伊集院光:もちろん全部じゃないですよ。暴れたいタカさんもいるけど、「ここはもう、俺は暴れる役目を背負おうじゃねぇか」っていうのもあるじゃないですか。

石橋貴明:まぁ、でも…若い時はそこまで考えてないですよ。とにかく、出たらハチャメチャなことをして、少しでも爪痕を、今の言葉で言う、爪痕を残そうと。

伊集院光:残す感じっていう。

石橋貴明:また、それを期待されてたしね。テレビ局のディレクターさんも、演出家も、テレビの前の視聴者も、みんな「何やってくれんだ?」って。

伊集院光、とんねるず・石橋貴明と木梨憲武の違いを語る「とんねるずファンを守ろうとする石橋、今楽しいことを追求しようとする木梨」

伊集院光、とんねるずにボケとツッコミはなく「暴れる石橋、けしかける木梨」のコンビだと指摘「伝統的なコンビの役割はない」

とんねるず石橋貴明や藤井フミヤらが語る、「木梨憲武」という男の素顔



伊集院光とらじおと

本日の人気記事