石橋貴明、ELT伊藤一朗がとんねるずの本『天狗のホルマリン漬け』を持参してサインを書いてもらいにきたと明かす「夢だった」

2019年11月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、ELTの伊藤一朗がとんねるずの本『天狗のホルマリン漬け』を持参して、サインを書いてもらいにきたと明か

伊集院光:ついこの間、木梨さん来てもらった時に思ったんですけど、とんねるずって、今思えば何のジャンルでもないですよね?

石橋貴明:何もできないんだよね。

伊集院光:いやいや。『お笑いスタ誕』はネタやってたでしょ、当然。

石橋貴明:あの頃はね。

伊集院光:やってましたよね。俺、覚えてるのは、空港のゲート通る時に、危険物持ってると鳴るゲート。あれ通る時に、木梨さんがお客さんで、通ろうとすると鳴る、みたいな。

石橋貴明:え?

伊集院光:あったでしょ?そのネタ。

石橋貴明:そんなのあった?(笑)

伊集院光:欽ちゃん走りで行くと鳴らない、とか。そういうのずっとやってるネタ。

石橋貴明:いやぁ、あった?(笑)

伊集院光:あったと思いますよ。自分の覚えてるネタあります?

石橋貴明:大体、自分で作ってたから。そんなのあったかな?

伊集院光:あったと思いますよ。俺、わりと見てましたよ、その頃。前も言いましたけど、『天狗のホルマリン漬け』も持ってましたし。

石橋貴明:それは鈴木おさむ君も持ってましたね。

伊集院光:そうですか。

石橋貴明:「それを持ってくれば、サイン書いたのに」って。それは、『うたばん』の時に、ELTのいっくんが持ってきて、「タカさん、これに書いてもらうのが夢だった」って、書きましたよ。

伊集院光:わりと出だしの頃ですよね。

石橋貴明:で、ノリタケにもらって、コンプリートしたらしいですよ、いっくんは。

伊集院光:そうなんだ。俺も持ってくればよかった、だったら。

石橋貴明:この間も言いましたけど、つんくも持ってますよ。

伊集院光:あの年代、意外に持ってるんですよ。

石橋貴明:ふふ(笑)大体、10個下はプラチナ世代ですからね。黄金世代を超えてますから。ちょうど僕らが『夕ニャン』やってる時中学生で。

伊集院光:そうですよ、『夕ニャン』やってる時に、高校やめるかやめないかで、自転車飛ばして帰るパターンっていう。

とんねるず石橋貴明、バナナマン設楽は『みなさんのおかげでした』での進行役で鍛えられていたことが『ノンストップ』で活かされていると指摘

山里亮太、石橋貴明が2日間ねるとんロケに参加したAbemaTV『石橋貴明プレミアム』に感動「とんねるずさん見て育ってきた人間からすると」

木梨憲武、石橋貴明がサプライズ登場で自分のライブに「今日、来んじゃねぇの?」と思ってしまう時があると告白



伊集院光とらじおと

本日の人気記事