博多大吉、男性ブランコのM-1グランプリ2022決勝ネタを「面白い」と思いつつも「本来の漫才をフリにした笑い」であるが故に評価は辛くしたと告白

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月21日配信開始のTBSラジオ『たまむすび』特別配信Podcast「博多大吉、『M-1グランプリ2022』を振り返る。」にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、男性ブランコのM-1グランプリ2022決勝ネタを「面白い」と思いつつも「本来の漫才をフリにした笑い」であるが故に評価は辛くしたと告白していた。

博多大吉:男性ブランコ、面白いんですけどね。

赤江珠緒:そう、私大好きなんですよ、浦井さんと平井さんが(笑)

博多大吉:だからね、これを「漫才として見てください」って言われたときに、これはノンスタの石田君ともよく言うんだけど。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:やっぱ、「M-1で何してんの?」って笑いがあるじゃない?

赤江珠緒:まぁ、たしかにね(笑)「音符運ぶってなに?」っていう。

博多大吉:で、この笑いの取り方っていうのは、本来の漫才をフリにした笑いなんですよ。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:本来のみんながイメージする、漫才ありきで成立している、笑いが倍増しているから。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だから、ずるいんだよね。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:面白い、面白くないじゃなくて、「これを漫才として採点してください」って言われたときに、「お前、ちょっとそれ違うからな」っていうのは、現役の漫才師としては言わなきゃいけない。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:なので、僕はこれ系のネタがきたときには、新しさは0にしようと思ってたの。

博多大吉、M-1グランプリ2022での採点基準を公表「80点をベースとして、構成力3点、新しさ4点、共感度3点…」
2022年12月21日配信開始のTBSラジオ『たまむすび』特別配信Podcast「博多大吉、『M-1グランプリ2022』を振り返る。」にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、M-1グランプリ2022での採点基準を公表していた。 ...

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:うん。それは、なんだって新しいんだもん。

赤江珠緒:ああ、そういう意味でね。ここを軸の上で、じゃなくなってしまう、と。

博多大吉:ちゃんと漫才っていう型には一応入れてもらわないと。

ニューヨーク屋敷、M-1グランプリ2022決勝の男性ブランコ「音符を運ぶ」ネタを絶賛「よかった、あのネタが見れただけでも」
2022年12月18日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、M-1グランプリ2022決勝の男性ブランコ「音符を運ぶ」ネタを絶賛していた。 屋敷裕政:俺はでも、やっぱ...
タイトルとURLをコピーしました