博多大吉、男性ブランコのM-1グランプリ2022決勝ネタはバカリズムやインポッシブルの要素がありつつ「あれ超えれる?」というレベルだったと指摘

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月21日配信開始のTBSラジオ『たまむすび』特別配信Podcast「博多大吉、『M-1グランプリ2022』を振り返る。」にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、男性ブランコのM-1グランプリ2022決勝ネタはバカリズムやインポッシブルの要素がありつつ「あれ超えれる?」というレベルだったと指摘していた。

博多大吉:オンエアではね、「さや香見ちゃったから、漫才と言われたら…」って言いましたけど、あれはウソです。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:だって、別に順番なんか僕の中で関係ないから。

赤江珠緒:そうですね。

博多大吉:あの時は、もう悪口しか出てこなそうだったんで。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:ダメ出ししか出てこなそうだったんで、ちょっと逃げました。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

博多大吉:もうぶっちゃけ、何かを運ぶっていうネタの最高峰は、バカリズムの都道府県だと思ってるんですね。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:都道府県をどう運ぶかで、R-1でバカリズムは100点を出してますけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だからもう、何かを運ぶっていう時点で、「あれ超えれる?」っていう。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:っていうふうに僕は見ちゃいました。

赤江珠緒:そうか。

博多大吉:で、死に際とかが面白い…本当に面白かったんですけど、あれも言ったらインポッシブルってコンビがやってるようなネタだったのね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:ネタであるのよ。だから、パクったパクってないって話をしたいんじゃなくて、「男性ブランコって、そんなんじゃないじゃない」っていう。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「お前たち、オリジナルめっちゃ面白いのあるやん」っていうのをフリにしてるんですよ、ある意味。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:で、大爆笑をとってましたけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:実際、大爆笑をとった瞬間って、掛け合ってないのね。マイムなんです。

赤江珠緒:アワアワっていう。

博多大吉:倒れた浦井君と、アワアワっていう平井君の面白さはあるけど。それするんやったら、2本目じゃない?

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:まずは決勝で、「自分たちはちゃんとした漫才できます」っていうので突破してもらって。ラストにこれを見せてもらったら、もう自分たちがフリになってるから、僕たちも新しさに入れられるんですよ。

赤江珠緒:ああ、そういうことか。

ニューヨーク屋敷、M-1グランプリ2022決勝の男性ブランコ「音符を運ぶ」ネタを絶賛「よかった、あのネタが見れただけでも」
2022年12月18日配信のYouTube動画『ニューヨークのニューラジオ』にて、お笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が、M-1グランプリ2022決勝の男性ブランコ「音符を運ぶ」ネタを絶賛していた。 屋敷裕政:俺はでも、やっぱ...
博多大吉、男性ブランコのM-1グランプリ2022決勝ネタを「面白い」と思いつつも「本来の漫才をフリにした笑い」であるが故に評価は辛くしたと告白
2022年12月21日配信開始のTBSラジオ『たまむすび』特別配信Podcast「博多大吉、『M-1グランプリ2022』を振り返る。」にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、男性ブランコのM-1グランプリ2022決勝ネタを「面白い」...
タイトルとURLをコピーしました