神田伯山、三遊亭円楽のお別れの会で春風亭昇太が挨拶していた内容に驚くも妙に納得「円楽師匠ってのは、金持ってる高校生みたいな人でした」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、三遊亭円楽のお別れの会で春風亭昇太が挨拶していた内容に驚くも妙に納得するところがあったと語っていた。

神田伯山:円楽師匠のお別れの会ってことで。俺、円楽師匠のお別れに会ってことでさ。俺、円楽師匠にさ、生前お世話になってて。

まぁ、真打ちの披露目の口上とかにもさ、芸協の客員になってたりしたんで、出ていただいたりとかね。優しい言葉をいっぱいくれたりしてね。で、なんかこれは行こうと思って、円楽師匠のお別れの会。

でもってさ、やっぱいいんだよ、挨拶とかがあって、みんなやっぱ芸人のお別れの会だから、明るくしようみたいな感じで。で、昇太師匠、我が落語芸術協会の会長、いい挨拶でしたね。

「円楽師匠ってのは、そうですね、金持ってる高校生みたいな人でした」っていう。それ、全然褒めてないっていう(笑)「まぁ、ちょっと面倒くさいところもあったんですけど、正直」って。

「いい人でした」っていう(笑)本音が凄いっていう(笑)で、俺も円楽師匠ね、やっぱ打ち上げの席とかで会っても、昇太会長がいて…俺の披露目だ、終わった後。で、昇太師匠と円楽師匠でちょっと酒入ってるのもあって、なんか色々熱く喋ってたりしたんだよ。その時に円楽師匠が、もう会長に向かって「昇太、もういいんだよトップダウンで。下の言うことなんか聞かなくていいんだ!」っていう。

で、凄い面倒くさそうに昇太師匠がやってんのを見て、たしかにカネ持ってる面倒くさい高校生ですよ(笑)面白かったなぁ、色々。

でも、優しい言葉とか。俺みたいなもんにも気を使って色々さ、喋りかけてくれたりとか、講談の資料送ってくれたりとかありがたかったね。

神田伯山、三遊亭円楽とアントニオ猪木の訃報に対して沈黙を貫いていた理由を告白
2022年10月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、三遊亭円楽とアントニオ猪木の訃報に対して沈黙を貫いていた理由を告白していた。 神田伯山:残...
三遊亭円楽、伊集院光との落語二人会に「神田伯山を呼ぼうと思ったら、それだけはイヤだって」と伊集院が拒否したと明かす
2020年12月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、落語家の三遊亭円楽が、伊集院光との落語二人会に「神田伯山を呼ぼうと思ったら、それだけはイヤだって」と伊集院が拒...
タイトルとURLをコピーしました