ハライチ岩井、M-1グランプリ2021敗者復活で新ネタを披露しようと考えたのは敬愛する爆笑問題のことが頭をよぎって「最後まで攻めよう」と思ったからであると告白

2021年12月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、M-1グランプリ2021敗者復活で新ネタを披露しようと考えたのは敬愛する爆笑問題のことが頭をよぎって「最後まで攻めよう」と思ったからであると告白していた。

岩井勇気:敗者復活戦の前日、休みだったんだよ。

澤部佑:ああ。

岩井勇気:で、朝、「明日か…」って思いながら、ずっと考えてたの。

澤部佑:うん、どうするか。

岩井勇気:そう。その時にやっぱ、決勝進出者発表のさっきの寂しかった時のことを考えてて。

澤部佑:うん。

岩井勇気:「世代じゃないのか」みたいなことを。

澤部佑:へぇ。

岩井勇気:そしたら、すっげぇモヤモヤしてきちゃってさ。

澤部佑:ああ。

岩井勇気:「なんだよ…」って思って(笑)ムカついてきちゃって(笑)

澤部佑:ムカついてきた?

岩井勇気:なんか。「疎外感をなに与えてんだよ」みたいな(笑)

澤部佑:ああ、「M-1、そっぽ向かないでくれよ」って?

岩井勇気:うん、そう(笑)「はぁ?」って思ってて。「世代の差とかじゃねぇだろ」ってなんか思い出してきちゃって。

澤部佑:まぁまぁね。関係ないかな、それは。

岩井勇気:で、やっぱ爆笑問題さん好きだからさ。俺らの好きな爆笑問題は、もう本当に若手芸人に対しても、「俺らの方が面白い漫才やるぞ」って感じでくるじゃん、なんか。

澤部佑:うん、そうね。

岩井勇気:ちょっとライバルみたいな感じできてくれるじゃん。

澤部佑:うん、うん。

岩井勇気:本人もなんか、思ってやってるのか分かんないけど。

澤部佑:うん、うん。

岩井勇気:だから、もう攻めようと、最後まで。

澤部佑:なるほどね。

岩井勇気:「やってやるよ!」と思って。「新ネタだ」って思ったのね、俺はね。

澤部佑:うん…頭おかしいですけどね。

岩井勇気:そこで、「新ネタだわ」って思って。

澤部佑:うん。

岩井勇気:で、このさ、今年M-1出るってなった時に、「M-1何のために出るんですか?」って言われたでしょ?

澤部佑:凄い言われたよ。

岩井勇気:「メリットないじゃん」みたいな。「負けたらデメリットあるだけで」みたいな。

澤部佑:うん。

岩井勇気:でも、M-1ってテレビに出るための足がかりとか、何かのメリットのために出るわけじゃないのね。

澤部佑:うん、うん。

岩井勇気:「M-1、なんで出るの?」って聞かれたら、「M-1で優勝するために出る」って俺らは思ってんのね。

澤部佑:そうだね。

岩井勇気:だから、「やってやろう」って思って、前日にネタ作りを朝から始めたの、俺は(笑)

澤部佑:ふふ(笑)凄いですね(笑)

岩井勇気:うん、めちゃくちゃ考えてさ。

澤部佑:ああ。



ハライチのターン

本日の人気記事