くりぃむしちゅー上田、ミス続きのキャディにおぎやはぎ矢作が「何だったらできます?」と意地悪な質問をしたところ思わぬ返答をしていたと明かす

2021年12月7日放送の中京テレビの番組『太田上田』にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅー上田晋也が、ミス続きのキャディにおぎやはぎ・矢作兼が「何だったらできます?」と意地悪な質問をしたところ思わぬ返答をしていたと明かしていた。

上田晋也:前、矢作とゴルフ行った時さ、おばちゃんのキャディさんなんだけど、そんな慣れてる人じゃなかったんだろうね。

小木博明:うん。

上田晋也:で、矢作が「キャディさん、これ残り何ヤードぐらいですかね?」「130ヤードぐらいですかね」「じゃあ、これだな」って打ったら、すげぇオーバーしたりしてて。

太田光:うん、うん。

上田晋也:で、グリーンに行っても、「キャディさん、これどれぐらい曲がりますか?」「そうですね、15cmぐらいスライスするぐらいの感じですかね」って。

太田光:うん。

上田晋也:で、矢作が打ったらフックとかしてて。「キャディさん、ライン全然逆じゃないですか」って。

太田光:ふふ(笑)

上田晋也:で、矢作が業を煮やして、「キャディさん、別にいいんですけども、距離もあんまりわかってらっしゃらない。ラインもよくわかってらっしゃらない。キャディさん何だったらできます?」って、意地悪なことを聞いて(笑)

太田光:うん、うん。

上田晋也:「そうね…ああ、私ができることって言ったら、歌ってあげるぐらいかな」って(笑)で、歌いだして(笑)

矢作兼:覚えてる、覚えてる(笑)最後、街の合唱団みたいなのに入ってるって言い出して(笑)

上田晋也:そう、そう(笑)で、歌いはじめて、隣のコースから「うるせぇ!」って言われてて(笑)

矢作兼:はっはっはっ(笑)

小木博明:面白いな、そのキャディ(笑)

矢作兼:「歌うことしかできない」って言ってた(笑)



太田上田

本日の人気記事