麒麟・川島、M-1グランプリ予選シーズンの芸人は気合が入っていたりピリピリしていて「出場者のツイッターが荒ぶり過ぎよ」と指摘

2021年12月5日放送のTBSラジオ系の番組『ブレインスリープpresents川島明のねごと』(毎週日 19:00-20:00)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、M-1グランプリ予選シーズンの芸人は気合が入っていたりピリピリしていて、「出場者のツイッターが荒ぶり過ぎよ」と指摘していた。

川島明:ちょっと懸念してんのがね、みんな出場者のツイッターが荒ぶり過ぎよ。

たける:ふふ(笑)

川島明:もう鼻息で打ってるわ。

向清太朗:鼻息で文字を(笑)

たける:ええ(笑)

川島明:いつも優しい、ロングコートダディの兎なんかがもう、「忘れ物をとりに行きます」みたいな。

向清太朗:カッコイイ(笑)

川島明:「喉、ちぎれるまでやりますよ」って。

向清太朗:はっはっはっ(笑)

川島明:白熱した写真と一緒に、載せて。

向清太朗:ふふ(笑)

川島明:もう、みんなが「行ってくれ!」みたいな。

向清太朗:はい、たしかに。

川島明:もちろん、応援してくれる方ありきですけどもね。

向清太朗:はい。

川島明:そこに向けて、「やってやった、後は天に任せた」みたいなツイートがもう目立ちます。

向清太朗:はっはっはっ(笑)

川島明:よくないですよ。

たける:いや、一応僕はしないようにはしてますけどね(笑)

川島明:しない方がいいと思いますよ。

たける:「行ったるで!」のツイートはしないようにしてるんですよ、一応。

川島明:怖いよね。「あとは任せた」とかは。それをファンの方が楽しんでるから、とんでもない量の「いいね」とかがつくんですけど。ちょっとなぁ、怖いなぁ。

ショーゴ:いや、M-1前の芸人は怖いっすよ。

向清太朗:気合いがね。

ショーゴ:もう、気合いは。



川島明のねごと

本日の人気記事