ケンドーコバヤシ、若手時代に「あんだけ怖かったディレクター」が大阪の番組で今一緒に仕事をしていると手のひらを返すように変わっていると明かす

2021年12月1日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!水曜日』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、若手時代に「あんだけ怖かったディレクター」が大阪の番組で今一緒に仕事をしていると手のひらを返すように変わっていると明かしていた。

ケンドーコバヤシ:昭和の観点からしたら、全員最低のことをしてんのよ。地元を捨てて東京で仕事するって。

田中卓志:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:ホンマ、最低の行為やからな。地元捨てて、東京で仕事するって。

村山彩希:ふふ(笑)

ケンドーコバヤシ:お前ら最低だよ。

田中卓志:ケンコバさんもそうでしょ(笑)

ケンドーコバヤシ:ふふ(笑)俺も含め。

田中卓志:でも、こっちでしか仕事できないからなぁ、我々の仕事。

ケンドーコバヤシ:『元就』あるやんか。

田中卓志:『元就』はできるんですけど、『元就』だけやってるわけにもいかんでしょう。

山根良顕:ふふ(笑)いかんでしょう(笑)

田中卓志:東京である程度出てるから、地元の番組でも重宝されるみたいなところがあるんですよ。

ケンドーコバヤシ:まぁ、そういうことよ。

田中卓志:まぁ、そういうことで(笑)

ケンドーコバヤシ:若手の時に、あんだけ怖かったディレクターが、今、大阪の番組で会ったらめっちゃ優しいとか。

山根良顕:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:…悲しい話になっちゃったね(笑)



アッパレやってまーす

本日の人気記事