オードリー若林、バナナマンやタカアンドトシをテレビで見ると「後悔している」ことがあると告白

2021年11月17日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、バナナマンやタカアンドトシをテレビで見ると「後悔している」ことがあると告白していた。

若林正恭:バナナさん、タカトシさんをテレビで見ると、後悔してますよ。

トシ:なんで?

若林正恭:いや、だって、自分より後輩が入ってきて、「こういう感じなんだ、後輩がいるレギュラーって」ってわかるじゃないですか。

トシ:ああ、なるほどね。

若林正恭:で、バナナさん、タカトシさん、オードリーだったら、もうバナナさんとタカトシさんに可愛がられてから、始まりじゃないですか。

春日俊彰:まぁね。

若林正恭:「何やってんだ、若林!」って思って、本当に。

タカ:はっはっはっ(笑)

トシ:いや、でも可愛がられてたよ。

若林正恭:可愛がっていただいてたんですけど。それでも話しかけてくれたんですよ、タカトシさんとかバナナさん。

トシ:いや、なんか気になるから。

若林正恭:いや、そうなんですよ。だから、話しかけていただいて申し訳ない。「俺から質問とかしろや!」って、今、タカトシさんとかテレビで見ると思うんすよ。

トシ:はっはっはっ(笑)

若林正恭:「もっとハマってけよ、お前!」って。

タカ:いやいや、その不器用な感じもひっくるめて可愛がられてたと思うよ。

若林正恭:それはありがたいです。よかったです、バナナさんとかタカトシさんとレギュラーで。でも、坂上さんとかめちゃくちゃ怒られたことありますけどね(笑)

トシ:あ、そう?「なんだお前」って?(笑)

若林正恭:怒る人はいましたね(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事