おぎやはぎ矢作、加藤綾子アナを口説けるのは明石家さんまや石橋貴明クラスであり「口説ける男はやっぱり相当」だと発言

2021年6月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの矢作兼が、加藤綾子アナを口説けるのは明石家さんまや石橋貴明クラスであり「口説ける男はやっぱり相当」だと発言していた。

矢作兼:カトパンって言ったら凄いんだよ。

小木博明:いや、凄いんだからね。

矢作兼:誰が落とすのかっていう、カトパンを。カトパンを口説くってね、まずね、相当な自信がない限りね。

小木博明:うん、そうだよ。ありえない話だよ。

矢作兼:芸能界だって、さんまさんとかタカさんとか、その辺が「カトパン、カトパン」って言って。本当に口説いてるわけじゃないけど、ちょっかい出すのよ。

小木博明:そう、そう。

矢作兼:でもそのクラスがイク女がカトパン。

小木博明:そう。

矢作兼:芸人で言ったら、もう本当にプラス狩野英孝ぐらいじゃない?イケるとしたら。

小木博明:まぁね。

矢作兼:そのぐらい、何も関係ない人とか。

小木博明:そのぐらいのレベルだから本当にね。全くね、そういう気持ちになれないもん、カトパンには。

矢作兼:だろ?

小木博明:それにちゃんといってんだからさ。

矢作兼:口説ける男っていうのはやっぱり、相当だと思いますよ。

小木博明:相当、相当。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事