明石家さんま、マヂカルラブリーはキングオブコントも優勝できるのではないかと語る「あんだけM-1の猛者が争ったのに、現に勝ったんやから」

2020年12月26日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、マヂカルラブリーはキングオブコントも優勝できるのではないかと語っていた。

明石家さんま:一言もボケは喋っていないっていう漫才なんやろ、マヂカルの。そういうことやんな。

小田さくら:たしかに、そうでしたね。

明石家さんま:だから、時代が変わっていって。言うとくけど、R-1って「落語」のRやからね。

生田衣梨奈:ああ、そうなんだ。

明石家さんま:それがどんどん、どんどん変わってって、ああいうふうになってしまってるけどもやな。

生田衣梨奈:一人の芸人さんっていうイメージ。

明石家さんま:だから、あのまま…つり革持たないネタは、あのままキングオブコント持ってって、優勝できるかどうか見たいよね。

生田衣梨奈:たしかに。

明石家さんま:うん。ほんならアイツ、3冠になんねん、野田が。

生田衣梨奈:凄い。たしかに。R-1、M-1、キングオブコント。

明石家さんま:3冠はいないよな?

小田さくら:いないですね。

明石家さんま:あのままマヂカルがとりゃエエねんけど。でも、俺はアイツら1位になるのが反対派やからな。無冠の帝王ともいかず、無冠のオモロイ奴でいて欲しいね。

生田衣梨奈:でも凄いですね、話題になってるから。

明石家さんま:せやな。だから、キングオブコントもあのまま行ったらとれるなって思うよ。あんだけM-1の猛者が争ったのに、現に勝ったんやからな。勝ちは勝ちやからな。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事